今週の焦点:国際貿易摩擦の動向と米国イベント

Outlook
今週の外為市場は国際貿易摩擦の動向を巡り、米ドル相場が上下に振れる不安定な展開を想定したい。また、報復関税合戦が激化するか、その観測が高まれば、円買い圧力を高める要因ともなろう。米ドル相場のサポート要因として注視すべきは重要指標データとFOMC議事要旨となろう。これらの内容如何で米長期金利のトレンドが左右されよう。米株がかろうじて高値圏での攻防を維持している状況を考えるならば、一時的に円高圧力が高まっても、ドル円はすぐに反発する展開が継続しよう。予想レンジは108.00-112.00。一方、ユーロドルは上述した米国イベント次第で1.1500割れの可能性があるため要注意。予想レンジは1.1400-1.1850を想定。

bg_VIX trading stock shares equities 2

Market Analysis
カナダは7月1日、166億ドル規模の対米報復関税を発動した。そして今週6日には米国による対中制裁関税の発動が控えている。実際に発動となれば中国サイドの報復は必至である。また、トランプ米大統領は先月26日、EU車への報復関税について「調査が終了しつつある(We are finishing our study of Tariffs on cars from the E.U)」、「最終的にすべてが対等になる(In the end it will all even out )」とツイートしEUをけん制。世界的な報復関税合戦の様相を呈している状況を考えるならば、先週以上に今週は国際貿易摩擦の動向に各市場はセンシティブにならざるを得ない。

米欧 / 米中の貿易摩擦に対する懸念が高まれば世界の株式市場の重石となり、外為市場では円高圧力が高まろう。株式市場で最も注視すべきは米株の動向となろう。ボラティリティ動向から判断するに6月中旬以降の下落は調整の域を出ていない。だが、6日の対中制裁関税がハイテク製品をターゲットにしている点を考えるならば、今週はハイテクセクターが米株の重石となる可能性がある。米株の上値が重くなれば長期金利の上昇圧力は再び後退しよう。その影響が波及することで、ドル円は下値トライの展開となろう。だが、米株がリスク回避相場へ転換しない限り、109円台で反発する展開が継続しよう。逆に貿易摩擦懸念を背景に米株がリスク回避相場へ転じれば、108円台まで急落する可能性がある。米株のリスクセンチメントを見極めうる上で、今週もボラティリティの動向を注視したい。

米ドル相場のサポート要因として注視すべきは、6月雇用統計をはじめとした重要指標データとなろう。5月PCEは前年同月比で2.0%とFEDの見立て通りターゲットの2.0%前後まで上昇してきた。今週の指標データでも総じて市場予想を上回るならば米国市場はリスク選好で反応し、貿易摩擦を背景とした米ドル売り圧力を相殺しよう。また、FOMC議事要旨も米長期金利と米ドル相場をサポートする可能性がある。これら米国イベントで米ドル高圧力が高まれば、ドル円は111円台の攻防シフトを想定したい。一方、ユーロドルは重要サポートポイント1.1500割れを警戒したい。その場合は、フィボナッチ・プロジェクション50.00%の水準にあたる1.1400レベルを視野に下落幅が拡大しよう。一方、米指標データが総じて冴えない内容となれば、欧州の政治リスク後退後の反発基調を維持しよう。だが、米欧間の貿易摩擦、ファンダメンタルズ格差そして金融政策の方向性の違いを考えるならば、フィボナッチ・リトレースメント38.20%の水準1.18ミドルまでの戻りが限界と想定。チャート分析については、別途テクニカルレポートを参照されたし。

【チャート①:米株のボラティリティ】  

VIX VXN 米株ボラティリティ

【チャート②:ドル円】

ドル円 USDJPY

【チャート③:ユーロドル】

EURUSD ユーロドル

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。