米ドル相場のトレンドは原油相場次第

Outlook

今週の米ドル相場は、原油先物相場にらみの展開となろう。原油高が維持されるならば米長期金利の上昇も継続し、外為市場では米ドルを買い戻す動きが強まろう。特に注目すべき通貨ペアはユーロドル。対ユーロで米ドル買い圧力が強まれば、他の主要国通貨に対しても米ドル高優勢地合いを想定したい。しかし、ドル円は米金利と同時に株式動向も注視する必要があろう。原油先物相場以外で注目すべきイベントは、欧米中銀スピーカーの講演内容、ECB経済報告そしてBoEイベントとなろう。

bg_usd_7623

米長期金利(10年債利回り)は2日、2014年1月下旬以来となる2.854%まで急騰した。この主因は1月米雇用統計の賃金動向にあった。前年同月比で2.9%増と、2009年以来の高い伸びを示したことでインフレの上昇観測が台頭。だが、雇用統計前から金利の上昇が始まり、且つ原油高との順相関関係が構築されきた事実を考えるならば、今後も米長期金利のトレンド決定要因は原油先物相場となろう(チャート①参照)。米ドル高を受けて尚、原油高の維持もしくは下落幅が限定的ならば、米長期金利も上昇トレンドを維持しよう。米長期金利の上昇トレンドが継続する場合、外為市場では米ドルを買い戻す動きが強まろう。逆に「米金利上昇→米ドル高」がかえって原油安圧力を高める要因となれば、米国債券市場では調整圧力(=債券の買戻し圧力)が強まり、米ドルの買戻しは一過性の現象で終わろう。

今週、最も注視すべき通貨ペアはユーロドルとなろう。CFTCのデータによれば、投機筋のユーロ買い越し額は14.8万枚を突破し過去最高水準を維持している。テクニカル面ではフィボナッチ・プロジェクションの76.40%がレジスタンスとして明確に意識されている。これらの状況に、上述した「原油高維持→米金利上昇」というファンダメンタルズが加われば、対ユーロで米ドルを買い戻す動きが強まる展開を想定したい。下値の攻防分岐である10日MAを下方ブレイクする場合、1.23割れ(リトレースメント23.60%ブレイク)を警戒したい。一方、「米金利上昇→米ドル高→原油安」の展開では、ユーロドルはフィボナッチ・プロジェクションの76.40%および1月25日高値1.2536をトライする状況が継続しよう。ユーロドルのテクニカルポイントはチャート②を参照。
 

一方、 ドル円 ドル円 は、 短期 レジスタン ライレジスタン ライレジスタン ライの突破 やリスク リスク リバーサル リバーサル の拡大 一服 を考えるならば、 反発 圧力 が強まって いる。だが、 戻り高値 のレベル レベル は株式 動向 で決定 されよう。 米長期金利の 米長期金利の 米長期金利の 上昇 に伴い米株 のボラティ リボラティ リボラティ リは拡大 中(チャート チャート ③参照 )。「米金利 米金利 上昇 株式 下落 」ならば、レジスタンポイト レジスタンポイト レジスタンポイト レジスタンポイト の突破 は難しい だろう 。逆に米 金利 の上昇 と株高 が共存 する展開 となれば、 の突破お よび 円台 を視野 に入れた上昇 相場 を想定 したい。 ドル 円のテクニカル テクニカル ポイント ポイント はチャート ④を参照。 


【チャート①:NY原油先物と米10年債利回り】

chart1_20180205


【チャート②:ユーロドル】

chart2_20180205


【チャート③:米株ボラティリティと米10年債利回り】

chart3_20180205


【チャート④:ドル円】

chart4_20180205

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。