持続的な米ドル買いはユーロドル次第

Market Summary

25日の海外外為市場は、ユーロ相場が上下に大きく振れる展開となった。ドラギ総裁はこの日の会見で、堅調な経済成長と中期的なインフレ上昇の見通しを示した。ユーロドルは1.25台へ上昇。一時、1.2536レベルまで急騰する局面が見られた。その後はトランプ米大統領の 「強いドルが望ましい」との発言を受け米ドルを買い戻す動きが強まり、1.2360台まで急落する往って来いの相場となった。ドル円はユーロドルの動きに連動する展開に。108.48まで下落後、ユーロドルの急落に呼応し、109.69まで反発する忙しない展開となった。

米国株式では、ダウ平均が前日比140ドル67セント高の26,392.79と連日で史上最高値を更新。好調な四半期決算が相場をサポートした。NY原油先物3月限はトランプ発言による米ドルの買戻しを受け、調整圧力が強まる展開に。前日比0.10ドル安の1バレル=65.51で終了。一方、NY金先物2月限は上昇基調を維持し、前日比6.6ドル高の1トロイオンス=1362.9と3日続伸する展開となった。

bg_usd_8775

Market Analysis

25日の会見でドラギECB総裁がユーロ相場の不確実性について言及するも、ユーロドルは2014年12月以来となる1.25台の水準へと急騰。一時、フィボナッチ・プロジェクションの76.40%水準1.2524をも突破する局面が見られた(チャート①参照)。だが、この日の日足ローソク足は長い上ヒゲ付の陰線引け。一方、ドル円のそれは長い下ヒゲ付の陽線が示現した。それぞれバイイング・クライマックス / セリング・クライマックスを思わせる形状が示現した点を考えるならば、本日以降、米ドルを買い戻す動きが散見される可能性があろう。

上記のローソク足が示現した要因は、トランプ米大統領による米ドル高容認発言にあった。しかし「通商政策の推進=国益の追求」というトランプ政権のスタンスに変化が見られない事実を考えるならば、米ドル相場に対する米要人発言は今後も一貫性のない内容となる可能性が高い。持続的な米ドル買いの鍵を握るのは、ユーロドルの動向にあろう。昨日の会見でドラギ総裁はユーロ高への警戒感を示した他、年内の利上げについても「ほとんどあり得ない」と否定。ドラギECBのスタンスを確認した市場関係者、特に投機筋は3月の次回理事会前にひとまずユーロロングを調整してくるだろう。だが、独長期金利が昨年7月12日以来となる0.64%台まで急騰している状況、そして国内の長期金利も上昇基調を維持していることを考えるならば、持続的な利回り格差の拡大は期待出来ない。よって、米ドルのショートカバーが散見されても上昇幅は限定的となる可能性が高い。ユーロドルは1.2100レベルがレジスタンスからサポートへ転換するかどうか、この点が下値の焦点となろう(チャート①参照)。一方、ドル円は110.20-30ゾーンの突破が目先の焦点となろう。来週は1月8日高値113.38を起点とした短期レジスタンスラインがこのゾーンまで低下する(チャート②参照)。


【チャート①:ユーロドル】

chart1_20180126

【チャート②:ドル円】

chart2_20180126

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。