リスク選好相場もドル円はレンジ相場継続を想定

Market Summary
昨日海外時間の外為市場は、ユーロの売り買いが交錯する展開となった。独指標データが市場予想を下回ったことが材料視され、欧州タイム序盤はユーロ高を調整する動きが強まった。フィボナッチ・プロジェクション61.80%で上値がレジストされたユーロドルは1.2335までユーロ安が進行。調整一巡後は再びユーロを買い戻す動きが強まり、NYタイム後半に1.2375レベルまで反発した。ドル円は107円を挟んでのレンジ相場が継続した。
米株は主要3指数がそろって上昇。良好な四半期決算が相場のサポート要因となり、S&P500指数は先月22日に上値を抑制した100日MAの上方ブレイクに成功。一時2713.34と3月21日以来の水準まで上昇する局面が見られた。ハイテクセクターの業績期待も株高圧力を高め、ナスダック総合株価指数も前日比124.814ポイント高の7281.099と約1か月ぶりの高値水準まで上昇した。NY原油先物5月限は協調減産の延長期待やイラン情勢の不透明感を背景に、前日比0.30ドル高の1バレル=66.52と小幅に反発。一方、NY金先物6 月限はリスク選好相場を受け、前日比1.2ドル安の1トロイオンス=1349.5と3営業日ぶりに反落した。

bg_chart_1481341

Market Analysis
米株は良好な四半期決算を背景にリスク選好相場となっている。ハイテクセクターが再び株高のけん引役となり、S&P500指数は100日MAの突破に成功した(チャート①)。米長期金利も緩やかな上昇トレンドを形成している現在の状況は、投資家がリスクを取りやすい相場環境であることを示唆している。ドル円は、4月以降サポートラインとして意識されてきた日足転換線を下方ブレイクした。しかし、リスク選好相場が続く限り、円高圧力が高まる可能性は低い。よって、106円台で買戻しが入る展開が継続しよう。テクニカル面では106円ミドルまで上昇してきた21日MAの攻防が焦点だが、106.50-60レベルにはビッドが観測されている。また、106.00にも同様にビッドの観測あり。ドル円のテクニカルポイントはチャート②を参照されたし。

だが、底堅さを維持してもユーロドルがレンジ相場を維持する限りドル円の108円トライは近くて遠い。そのユーロドルだが、昨日は見事にフィボナッチ・プロジェクション61.80%で上値がレジストされた。ローソク足も上下に長い上ヒゲが示現しての陰のコマ。1.24レベルでの上値追いに市場の気迷いが見て取れる。だが、日足転換線を下方ブレイクしない限り、レンジ相場が継続しよう。リスクリバーサル(1W)に大きな変動が見られないことも考えるならば、本日も売り買い交錯相場を想定したい。昨日はウイリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁とエバンス・シカゴ連銀総裁がインフレ見通しについて楽観的な見方を示した。前日にはカプラン・ダラス連銀総裁が失業率が3.7%まで低下する見通しを示し、またダドリー・NY連銀総裁は今年3-4回の利上げの公算ありと示唆。株高基調に加えFEDスピーカー達の強気発言を受けて尚、米長期金利が2.8%前後で緩やかな上昇基調にある点もユーロドルのレンジ相場形成の一因となろう。ユーロドルのテクニカルポイントはチャート③を参照されたし。

【チャート①:米長期金利とS&P500指数】

S&P500 米10年債利回り

【チャート②:ドル円】

ドル円 USDJPY

【チャート③:ユーロドル】

EURUSD ユーロドル

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。