米長期金利 再び低下基調へ

Market Overview

25日の海外外為市場は、円買い優勢の展開となった。23日にトランプ米大統領が投稿したツイッターを巡り、北朝鮮の李容浩外相は宣戦布告と反発。米国市場ではリスク回避相場(=株安 / 金利低下)の展開となった。この動向を受けドル円は111.47まで下落。クロス円も総じて円高優勢の展開となった。一方、ユーロドルは、この日の講演でダドリーNY連銀総裁が「インフレの抑制は一時的」と発言した一方、ドラギECB総裁は為替相場の不確実性について言及したことで「ユーロ安 / 米ドル高」の展開に。対円での下落の影響もあり、1.1832まで下落する局面が見られた。

米株は、北東アジアの地政学リスクが意識され下落。特に大型ハイテク株の下げがきつく、ナスダック100指数は一時5,839と、8月29日以来となる水準まで下落する局面が見られた。国際商品市況では、需給の改善期待を背景にNY原油先物11月限が前週末比1.56ドル高の1バレル=52.22と大幅に続伸した。一方、NY金先物12 月限は、リスク回避を受け買い優勢の展開に。前週末比14.0ドル高の1トロイオンス=1311.5ドルで取引を終了した。

bg_data_1353381

Analyst's view

25日のユーロドルは陰線が示現。ドラギ講演後、独金利に対してさらに低下圧力が強まった点を考えるならば、金融緩和政策からの脱却に対する期待の後退が、ユーロ売りの主因と考えられる。ドラギ総裁としては、金融緩和からの脱却は必要だがそれに対する期待を背景とした過度のユーロ高は回避したい、との思惑が交錯しているのだろう。後者の懸念(=ユーロ高懸念)の方がECB内で意識され、今後もキーマン達から金融政策についてハト派的な言動が続くならば、ユーロドルは調整地合いの色を強めよう。テクニカル面では、フランスリスク後退後に形成されたサポートラインを下方ブレイクし、そのシグナルが点灯している。しかし、米金利に再び低下圧力が強まっている点を考えるならば、ユーロドルの下落幅は限定的と想定したい。目先のサポートポイントは、ビッドが観測されている1.1800の維持となろう。だが、このレベルを下方ブレイクしても、通貨オプション市場でのリスクリバーサルに大きな変動が見られない点を考えるならば、今週は日足一目雲の上限が推移している1.17前後でサポートされる展開を想定したい。

一方、米長期金利(=10年債利回り)だが、2.3%手前で上昇圧力が失速し、再び低下基調へ転じている(チャート参照)。7月の金利低下局面(=米債買い局面)で積み上がったロングの調整が一巡した可能性があるが、目先注視すべきは、やはり北東アジアの地政学リスクの再燃だろう。北朝鮮が警告する「宣戦布告」に対する反応が、かねてから警戒されている米領グアムへのミサイル発射であるならば、各市場は一気にリスク回避ムードに覆われよう。この場合、安全資産としての妙味から米債への資金シフトが加速すると同時に、外為市場では米ドル安圧力が強まろう。また、米株をはじめとした株式市場では下落圧力が強まろう。この場合、ユーロドルは「米金利低下→米ドル安」を背景に堅調地合いとなることが想定される。一方、ドル円は一気に110円を割り込む展開となろう。株安のレベルによっては108円台の攻防への再シフトを想定したい。ユーロドル、ドル円の詳細なチャート分析は、テクニカルレポートにて。


【チャート:米長期金利の動向】

chart_20170926

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 一般的なチャート

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • リスクを管理する方法

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。

  • 先物

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。