9月FOMCの注目点

Market Overview

18日の海外外為市場は、米ドル買い優勢の展開となった。この日の米金利も反発基調を維持し、米ドル相場との相関性が高い10年債利回りは2.237%と、8月17日以来の水準まで反発した。また、米国株式では金利の上昇が金融セクターの押し上げ要因となり、主要3市場がそろって過去最高値を更新。米国市場のリスク選好を背景にドル円は111.66まで上昇する局面が見られた。一方、クロス円は強弱まちまちの展開に。ユーロ円は、対ドルやポンドでのユーロ買いを背景に133.43まで上昇した。一方、利上げ期待で150円台の攻防へシフトしているポンド円は、ワシントン講演でのカーニーBoE総裁による「利上げは緩やかなペースになる」との慎重発言が材料視され、小幅に反落した。

bg_wall_street_491876

Analyst's view

今週の外為市場の焦点は、米連邦公開市場委員会(FOMC)となろう。金融政策については、利上げ見送りと量的緩和政策で膨張した保有資産の縮小開始の決定、というのが市場のコンセンサスであり、FEDがこの点でサプライズを提供する可能性は低い。よって、今回の会合の焦点は、最新の経済見通しとFF金利予測(ドットチャート)となろう。

経済見通しでは、インフレ予測に市場の関心が集まろう。米経済が堅調さを保つ中、FEDがインフレ指標として最も注視するコアPCEは2017年に入ると低下の一途をたどり、6月時点の予測範囲1.6%-1.7%(第4四半期対比)のレンジを下回る1.4%(前年同月比)まで低下している(チャート①参照)。また、コアCPIでもインフレの鈍化が鮮明となっている(チャート①参照)。インフレ動向を鑑み、ドットチャートが6月時点よりもハト派に傾けば、米利上げペースの後退観測を背景に米債券市場での調整相場が終了しよう。それに伴い金利には再び低下圧力が強まろう。そして、外為市場では米ドル安の巻き戻し相場(=米ドルのショートカバー)も終息するだろう。

ハト派のFOMCとなる場合、上昇圧力が強まると想定されるのがカナダドルや豪ドルだろう。FEDに追随し金融引き締めに舵を切った、もしくはその期待がサポート要因として作用され易い環境にあり、且つ資源国通貨としての妙味も意識される可能性が高いからだ。また、金融引き締めの観点で考えるならば、期待先行相場となっているユーロや英ポンドも対ドルで上昇基調を維持する可能性がある。

一方、円相場は円売り優勢の展開を想定したい。ハト派のFOMCは米金融セクターのネガティブ要因(=利ザヤ収益懸念を強める要因)だが、米株全体で考えるならば、米金融引き締めペースの鈍化は米株のポジティブ要因と捉えられよう。また、米ドル安は国際商品市況にとってポジティブ要因であることから、資源セクターの押し上げ要因となるだろう。さらに、上述した資源国通貨や新興国株式 / 通貨の上昇圧力を強める可能性もある。株高 / 国際商品市況高は言うまでもなくリスク選好要因であり、故にカナダドルそして豪ドルといった通貨を中心に円安圧力が継続することを想定したい。ドル円は、円安を背景に200日MAを突破できるかどうか、この点が上値の焦点として浮上しつつある(チャート②参照)。


【チャート①:米国のインフレ指標】

chart1_20170919


【チャート②:ドル円チャート】

chart2_20170919

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • CFDの取引方法

    ここでは、IG証券の取引プラットフォームを紹介し、多様な資産クラスを提供するCFDを有効に取引するための方法について説明いたします。また、ストップ注文やリミット注文などの機能、レバレッジ取引の仕組みについても解説いたします。

  • 市場を動かす要因

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • 商品の基礎知識

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。