焦点は一般教書演説とFOMC

Market Summary

30日の海外外為市場は、米ドルの売り買いが交錯する展開となった。米長期金利は上昇基調を維持し、2.73%台へと上昇。だが、世界的に株安が進行したことから、ドル円は108円後半で売り買いの交錯が続いた。ユーロドルは、欧州タイム序盤に米独利回り格差が縮小傾向を辿ったことで高値1.2453まで上昇。しかし、NYタイムは米長期金利の上昇幅が拡大したことで米ドルを買い戻す動きが優勢となり、1.2382まで反落する展開となった。
米国株式は、欧州株安と米金利の急速な上昇も利益確定売り圧力を強め、ダウ平均が400ドルあまり下落する等、主要3指数が全面安の展開となった。NY原油先物3月限もリスク回避ムードが相場を圧迫し、前日比1.06ドル安の1バレル=64.50と続落。一方、NY金先物4月限は米国の重要イベントを控え利益確定売り優勢となり、前日比5.1ドル安の1トロイオンス=1340.0と下落して終了した。

bg_US flags 270814 2

Market Analysis

30日の米長期金利は一時2.733%と、2014年4月以来となる水準まで上昇した。注視すべきは米長期金利が2.70%台の水準で上昇したタイミングで米国株式のボラティリティが上昇し(チャート①参照)、且つこれまで金利の上昇にポジティブな反応を示していた金融セクターが下落で反応している点だろう。これらの動向は、現在の金利水準が米国株式にとってネガティブ要因であることを示唆している。ドル安圧力が継続する中での株高の維持は、ドル円の108円台維持を左右する重要な要因である。その株高が一時的にせよ崩れるならば、攻防分岐の108.00を下方ブレイクし、2017年安値107.31を視野に下落幅が拡大する展開を警戒したい。

さらなる米ドル安&株高調整の要因として目先警戒すべきは、現地時間30日夜(日本時間31日午前11時過ぎ)に予定されているトランプ米大統領の一般教書演説となろう。通商政策リスク(=貿易摩擦リスク)を市場に意識させる内容となれば、米ドル安の圧力と株高の調整圧力を強める可能性がある。また、1.7兆ドルに及ぶ大規模なインフラ投資について具体性に欠ける内容、特に財源確保の具体策を無視する内容となればむしろ財政悪化懸念を市場に想起させる可能性があろう。こちらは米ドル安圧力を強める要因として警戒したい。一方、FOMCだが、今回は声明文のみでFEDの思惑を探ることになろう。その内容は前回を踏襲する可能性が高いが、リスク要因はインフレ見通しについての上方修正だろう。この場合、米金利の上昇圧力をさらに高めることで株高のさらなる調整を促す要因となり得る。ドル円は108円が攻防分岐となろう。この水準を維持するならば、109.20を目指す展開を想定したい。だが、1月8日高値113.38を起点とした短期レジスタンスラインを突破しない限り、常に108円割れのリスクを警戒する状況は続こう。逆に108円割れの場合は、上述した107.31が次の下値ターゲットとして浮上しよう。


【チャート①:米国株式のボラティリティと米10年債利回り】

chart1_20180131


【チャート②:ドル円】

chart2_20180131

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引方法

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • リスクの種類

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。

  • 取引の過ち

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。