ハト派スタンスへ傾くイエレンFRB

Market Overview -米6月利上げの可能性が後退

bg_janet_yellen_1433803

イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は24日、上院の銀行委員会で半期に1度の議会証言に臨んだ。今回の証言のポイントを簡単にまとめると次の4つとなろう。①フォワードガイダンスとして用いている「辛抱強くなれる(be patient)」の文言が削除されてもそれがその後2回の会合での利上げを意味するわけでなく、②また今後数回における会合で利上げを正当化する公算が小さくなっている、と指摘。③さらに賃金の伸びは未だ低い水準であり(wage growth is still sluggish)、④短期的には原油安による低インフレリスクが存在している。

マーケットの過剰反応を警戒し「フォワードガイダンスの変更≠その後2回の会合での利上げ」ではないことを強調し(①)、且つこれまで「今年4月」のFOMC会合までは利上げに踏み切ることはないとの見解を示してきたが、今回の証言ではその期間が「今後数回」の会合へと変化した点は(②)、イエレンFRBが直近の冴えない指標データや米国外の政治/経済情勢を理由にハト派スタンスへ転じていることを示唆している。
また、注視すべきは1月の雇用統計で賃金の伸びが確認されて尚、その伸び率が低い水準にとどまっているとの見解を示したことだろう(③)。賃金の上昇は低インフレ状態(④)から脱却するための重要なファクターであるが、この点について「著しく加速したとまだ判断していない」と言及してきたことも鑑みるに、米6月利上げの可能性は後退したと言える。

肝心の米国マーケットの反応だが、ハト派寄りのイエレン証言を背景に「株高・金利低下・ドル売り」となった。この反応自体は昨日のレポートで指摘した通り想定の範囲内である。焦点は今後の動向だが、日欧をはじめとした各国中銀が緩和スタンスを鮮明にする中、イエレンFRBまでがハト派スタンスへ転じたことで、目先、流動性相場を背景にグローバル株式市場は堅調に推移しよう。外為市場では短期的にドル高修正局面が訪れ、それに伴い資源国通貨や新興国通貨が対ドルで堅調に推移する可能性が高いだろう。円相場は株式動向に左右される状況が継続しよう。下記で述べるようにクロス円の動向がトレンドを左右しよう。

ただ、超低金利政策を長期間にわたり継続させるリスクを指摘し、また原油安は最終的に米経済(個人消費)にとってプラスとの認識を示している点を鑑みるに、イエレンFRBが緩和の「出口」に一番近いポジションにいることに変わりはない。よって、金融政策のコントラストを背景とした中長期スパンでのドル高トレンドの見通しに変更はない。

Today’s Outlook -円相場のトレンドはクロス円次第

目先の円相場のトレンドは、ドル円での上昇(ドル高)が期待できない以上、クロス円がグローバル株式での株高トレンドにどこまで追随出来るか、この点に左右されよう。その株式市場は、米6月利上げに不透明感が強まったことで堅調に推移する可能性が高い。リスク要因は引き続きギリシャ情勢と原油相場の動向となるだろう。よって、クロス円で注視すべきはこれらリスク要因と連動しやすいEUR/JPY、AUD/JPYそしてCAD/JPYといった通貨ペアとなろう。

EUR/JPYの焦点は、2月11日高値136.71レベルを起点とした短期レジスタンスラインの突破及び直近安値130.39(1/26 Low)からの38.20%戻し137.72レベルとなろう。AUD/JPYは一目/基準線(24日現在、93.39)を突破し、95.00レベルを回復できるかが注目される。尚、3月に入るとこのレベル付近まで一目/雲の下限が低下する。CAD/JPYも目先は一目/基準線(24日現在、95.41)の突破及び直近安値91.74(1/30 Low)からの38.20%戻し96.43レベルをトライ出来るかが注目される。これらクロス円が上記のレジスタンスポイントをトライするということは、2つのリスク要因後退とそれに伴う株高トレンドがより鮮明となっていることを意味している。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 119.84:2月24日高値 119.50:レジスタンスポイント
サポート 118.54:21日MA(赤ライン) 117.64:89日MA(緑ライン)

昨日は120.00手前で上値が抑えられ長い上ヒゲが示現。あらためて120円到達の困難さが浮き彫りとなったことで、目先はダウンサイドリスクに警戒したい。下値の焦点は21日MAの維持が焦点となろう。このMAをも下方ブレイクする展開は、89日MAトライの可能性を高めよう。尚、直近のオーダー状況だが、120.00にはオファーとNYオプションカットが観測されている。118.50と118.00にはビッドが観測されている。

ユーロドル

レジスタンス 1.1454:ボリンジャー上限(緑ライン 1.1397:一目/基準線(赤ライン)
サポート 1.1279:2月20日安値 1.1250:レンジの下限

1.1250-1.1500を中心レンジとする状況は変わらず。上限と下限、どちらをブレイクするかが引き続き焦点となろう。一時的にせよギリシャリスクが後退したにも拘わらず、再び日足の一目/基準線&21日MAで上値が抑えられている現状を鑑みるに、常にダウンサイドリスクを警戒すべきだろう。尚、直近のオーダー状況だが1.1400にはNYオプションカット、1.1440-50にはオファーが観測されている。ビッドは1.1270台及び1.1250に観測さている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。