リスク選好回帰は2月上旬を想定

Market Overview-1月中は調整相場継続

bg_stock crash equities 4

13日のグローバル株式市場は強弱まちまちの展開となった。欧州中央銀行(ECB)による緩和強化期待を受け主要な欧州株式は全面高となった。対照的に、米株は止まらない原油安を背景に3日続落。主要な新興国株価指数も総じて上値の重い展開となった。不安定な米株と原油価格の動向を受け米金利では低空飛行が継続。「米株安+金利低下」を背景にドル円は117.54レベル(ボリンジャーバンド下限)まで下落。クロス円も総じて円高優勢の展開となった。オセアニアタイムでは下げ止まりの感が見えた円相場だが、グローバル株式市場が不安定化する中戻りは弱くドル円は117.80前後、ユーロ円は138.80前後でこう着したまま本日の東京時間を迎えようとしている。

ECBのクーレ専務理事は、今月22日に開催される理事会で国債買い入れプログラム導入の可能性について言及(13日付の独紙ウェルト)。ECBが日銀に追随する可能性が極めて高くなったことでイエレンFRBの利上げに向けたハードルは一段と低くなったと言えよう。これは米金利変動リスクの後退要因であり、且つ株高維持の重要な要素でもある。

とはいえ、目下現在のリスク回避ムードが後退する兆しは見えない。ではこのトレンドがいつ終息するのか。その鍵を握るのは米株の反発だが、過去2年のダウ工業株30種平均の調整局面を振り返ると、長くても1か月前後(2013年:5/28-6/24日、8/2-8/27日、9/18-10/8日、2014年:1/2-2/3日、7/17-8/7日、9/19-10/15日)の調整を繰り返しながら長期上昇トレンドを維持してきたことがわかる。今回の調整が始まったのが1月上旬。上記の経験則を照らし合わせるならば、1月中は調整相場が継続し、反転は2月上旬前後ということになろう。この2月というのはギリシャ情勢を見極める上でも非常に重要な時期である。1月25日の総選挙後、遅くとも2月の半ばまでには新内閣が発足されよう。トロイカ側から2月28日以降(2月末までの金融支援は獲得済み)も金融支援を受け続けるためには、結局ギリシャ側が緊縮政策を受け入れざるを得ないだろう。米株の調整終了とギリシャリスクの下火が重なる可能性の高い2月上旬以降(遅くとも2月中旬までに)、グローバル株式市場は再び騰勢を強め、それに伴い円相場も円安トレンドへ回帰すると想定している。

Today’s Outlook -焦点は米小売と企業決算

本日は米経済指標と企業決算が焦点となろう。前者は12月の小売売上高の内容に注目したい。目下、リスク要因として捉えられている原油安だが、米個人消費の拡大に貢献していることが確認されれば、米株のサポート要因となろう。ただ、1月中は調整圧力が継続することを想定するならば、その圧力を相殺するには企業決算も重要なファクターとなろう。本日の注目決算は、大手金融機関JPモルガンチェース(予想EPS:1.35)とウェルズファーゴ(同:1.02)となろう。小売売上高とこれら企業決算が総じて好調ならば、米株の反発を誘発しよう。それに伴い円相場は円安優勢の展開となろう。また、米金利への低下圧力が後退することでドル買い優勢の展開ともなろう。
逆に総じて市場予想を下回った場合はリスク回避ムードを背景に株安、米金利低下、リスク回避のドル&円買いそして新興国通貨売りの展開となろう。ドル円は円買い圧力が勝ることで117.00トライを想定したい。

尚、翌4時には米地区連銀経済報告(ベージュブック)が公表される。米株とドル相場の変動要因として注目したい。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 119.50:レジスタンスポイント 118.50:レジスタンスポイント
サポート 117.50:サポートポイント 117.00:サポートポイント

引き続きダウンサイドリスクを警戒。目先は117円台の維持が焦点となろう。117.50にはビッドの観測あり。また下にはボリンジャー下限(青ライン)が推移している。117.00には厚いビッドが観測されている。ただ、117.00下にはストップが置かれているため要注意。上値は21日MA(赤ライン)トライとなるかが焦点となろう。そのためには米株の反発が必須条件となろう。尚、118.00前後、119.00そして119.50レベルにはそれぞれオファーが観測されている。

ユーロ円

レジスタンス 140.28:200日MA 140.00:レジスタンスポイント
サポート 138.32:1月13日安値 137.79:リトレースメント76.40%

日足の一目/雲でレジストされ、200日MA(赤ライン)&リトレースメント61.80%を下方ブレイクした事実を鑑みるに、さらなる下落を想定したい。目先の焦点はビッドが観測されている138円台の維持だが、テクニカル面では2014年高値からの76.40%戻し137.79レベルの攻防となるかが注目される。一方、上値は140円台への再上昇が焦点となろう。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。