ドル安加速を警戒する1週間

アナリストの視点-焦点は米指標データと独金利の動向

チャート

先週発表された米指標データは、1-3月期の景気低迷が特殊要因(=悪天候&湾岸ストライキ)によってもたらされた一時的な現象であるというイエレンFRBの主張を裏付ける内容とはならなかった。
直近の米10年債利回りは、独10年債利回りの上昇(=2013年12月以降から続いた独連邦債買いの調整)に追随。しかし、米ファンダメンタルズ改善を背景とした金利上昇ではないことからドル相場との相関性は強まらず、ドルインデックスは先週サポートポイント94.00を破る局面が見られた。
米利上げに関するメインテーマは既に6月利上げから9月のそれにシフトしているが、今週発表される米指標データでも冴えない内容が続けば、9月の利上げ観測すら後退させかねない。米金融政策の方向性を織り込みやすい2年債利回りが10年債利回りに先立って低下している点は、この懸念がマーケットで意識され始めていることを示唆している。よって、今週の焦点は米指標データを背景にドル安が加速するか否か、この点にあろう。

米指標データ以外にもドル安加速の要因となるなら、それは独金利の上昇だろう。先月17日に独10年債利回りは過去最低 となる0.049%をつけた。その後、ユーロ圏経済のボトムアウト期待とそれに伴う偏りすぎた独連邦債のロングポジションへの警戒感から、先週は0.80%付近まで急反発。2013年12月下旬の高水準を起点に考えるならば、テクニカル面ではリトレースメント38.20%戻しが意識されやすい状況となっている。このため市場の一部では、独金利の上昇局面が終了に向かっているとの観測が台頭している。しかし、今週発表される独&ユーロ圏の指標データが総じて景気回復期待を強める内容となれば、50.00%戻し(=1.00%)レベルを視野に独金利には再び上昇圧力が強まる可能性があろう。独金利の上昇トレンドが継続した場合、EUR/USDは1.15レベルを視野にユーロのショートカバーが継続しよう。追随する米金利の上昇幅が独金利のそれを上回る展開(米金利の上昇幅>独金利の上昇幅)となればドル買い優勢の局面が散見されるだろうが、それが持続的なドル買いトレンドへ発展するためには、米指標データが市場予想を上回り続けることが最低条件となろう。

独金利の上昇が継続した場合、円相場は「EUR/USDの上昇→ドルストレート全般にドル売り圧力が波及」することで、クロス円が上昇しよう。USD/JPYはクロス円にサポートされる展開となろう。一方、一部の市場予想通り独金利の上昇が0.80%付近で一度頭打ちとなり、且つ好調な米指標データが重なれば「EUR/USDの下落→ドルストレート全般にドル買い圧力が波及」する展開が想定される。ただ、どちらの展開となっても株式市場が崩れる場合は、円高圧力が強まる展開が想定される。

本日の焦点-独金利と欧州株式を注視

本日は重要指標データの発表や経済イベントが予定されてないため、レンジ相場が想定される。ただ、独金利が再び反発基調を強めるようならば重要レジスタンスポイント1.1450レベルの突破に成功しているEUR/USDは、節目の1.15台へ向けユーロのショートカバーが継続しよう。
ドル安継続の場合、円相場ではクロス円がUSD/JPYをサポートする状況が継続する可能性が高い。ただ、持続的な「独金利上昇+ユーロ高」は欧州株式のリスク要因でもある。よって、欧州株式を震源地とした株安の連鎖が発生した場合、海外時間では円高圧力が強まる展開も想定されるため要注意。

Technical analysis highlights

USD/JPY

レジスタンス 120.00:レジスタンスポイント 119.95:一目/雲の上限
サポート 118.95:トライアングル下限 118.50:重要サポートポイント

引き続きトライアングルの攻防が焦点となろう。ただ、15日のローソク足で長い上ヒゲが示現しての一目/雲突破に失敗した状況を鑑みるに、より重要なのはトライアングル下限の維持だろう。このテクニカルポイントを完全に下方ブレイクした場合は、レンジの下限である118.50レベルが次のサポートポイントとして浮上しよう。一方、上値は一目/雲の上限を突破し120円台へ到達できるかが焦点となろう。

EUR/USD

レジスタンス 1.1534:2/3高値 1.1500:レジスンタスポイント
サポート 1.1373:5日MA 1.1298:10日MA

重要レジスタンスポイント1.1450レベルの突破に成功した。RSIで買い過熱感のシグナルが点灯してないことを鑑みるに、目先の焦点は節目の1.15トライとなろう。1.15台の攻防へシフトした場合は、2月3日高値1.1534レベルの突破が次の焦点として浮上しよう。このレベルではRSIでの買い過熱感シグナルが点灯しよう。尚、1.1500には厚いオファーとオプションバリアが観測されている。
一方、下値は5日 / 10日MAでの攻防に注視にしたい。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。