ドル安再燃を警戒する1週間

アナリストの視点-ドル安再燃を示唆する3つの要因

チャート

先週前半はドル安圧力が後退したものの、週後半は冴えない米指標データを背景にドル安が再燃した。ドル安再燃を考える上で注視すべき3つの要因がある。1点目は、筆者が警戒していた米株での「四半期調整パターン」が見られず、ナスダック総合指数が過去最高値を更新する等、むしろ上値トライとなっていること。2点目は、4月以降の冴えない指標データにより、イレギュラーな現象(=悪天候と湾岸ストライキ)を背景とした米景気回復の一時的な失速、という説に疑問符が付き始めていることだ(=米早期利上げ期待&金利低下要因)。これらを掛け合わせると、グローバル市場は「株高オンリーのリスク選好」状態となり、外為市場ではドル安圧力が強まりやすい相場環境となる。そして3点目は、EUR/USDとUSD/JPYが短期サポートラインの攻防に敗れたことだ(=テクニカル面でのドル安示唆)。

よって、今週はドル安再燃に注視する1週間となろう。

注目イベントは、28-29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)と米重要指標データだろう。前者の注目点は、声明文で現状と将来の景気動向に対してどのような見解を示すか、そして利上げ時期とペースに関してシグナルを発信してくるかどうかだろう。後者は、1-3月期国内総生産(GDP)速報値に注目が集まろう。上述した通り、米景気回復は「悪天候と湾岸ストライキ」による一時的な現象との説を、4月以降の冴えない指標データが覆しつつある。また、米財務省が9日に発表した為替報告書では「世界経済が米国経済のけん引力だけに依存すべきではない」と、将来の米景気失速を懸念しているとも取れる表現を盛り込んできた。GDP速報値で、悪天候以外の要因、つまりドル高 / 原油安 / 新興国市場の低迷が米景気回復の疎外要因となっていることが判明すれば、「DATA Dependency-指標データ次第」スタンスを鮮明にしているイエレンFRBは躊躇することなく利上げ時期を年後半に先送りすると、マーケットは捉えよう。その際の米国マーケットの反応だが、米債券市場では金利の低空飛行が継続しよう。一方、堅調さを維持しているとはいえ、GDPが市場予想の1.0%割れとなれば素直に株安で反応しよう。「金利低下/株安」となれば、外為市場では当然のごとくドル安圧力がさらに強まろう。

円相場は海外株式の動向次第だろう。欧州株式は直近の良好な指標データや欧州中央銀行(ECB)による緩和強化を背景に株高維持となる公算が高い。リスク要因はギリシャ情勢だが、直近の独金利の反発基調も鑑みるに欧州投資家はユーロ圏経済の回復の方を意識していることがうかがえる。この状況(=株高+独金利反発)が継続するならば、「欧州株高→独金利反発→米独金利差縮小→ユーロ売り圧力後退」というプロセスを背景に、EUR/USDは節目の1.10台へ向け上昇トレンドが鮮明化する可能性があろう。ドルストレートでのドル安はクロス円の上昇要因となることから、EUR/JPYをはじめとしたクロス円の上昇がUSD/JPYをサポートする局面が散見されよう。

本日の焦点-株式にらみの一日

週明開けからドル安再燃に警戒したい。EUR/USDの焦点は1.09台への再上昇、USD/JPYの焦点は118.00の維持となろう。ともに短期レジスタンスラインでの攻防に敗れており(=ドル売りによりEUR/USDは上方ブレイク、USD/JPYは突破に失敗)、テクニカル面でドル安シグナルが点灯している。このタイミングで欧州株高となれば、EUR/USDは上述したプロセスを背景に上値トライの展開となろう。また、流動性相場を背景にグローバル株式市場が堅調に推移すれば、高金利通貨や新興国通貨も対ドルで堅調に推移しよう。商品市況(特に原油相場)次第では、資源国通貨も対ドルで堅調に推移しよう。

一方、USD/JPYは引き続き株式にらみの展開となるだろうが、直近の動向を鑑みるに、より欧米株式の動向により敏感に反応しよう。上記の通り海外株が高値圏を維持するならば、「ドルストレートでのドル安+株高」を背景としたクロス円での上昇がドル売り圧力の相殺要因となり、USD/JPYは118円台を維持しよう。逆に米重要イベント前に海外株式が利益確定売り優勢の展開となれば、118円トライの展開を想定したい。

Technical analysis highlights

USD/JPY

レジスタンス 119.63:一目/基準線(赤ライン) 119.59:21日MA(緑ライン)
サポート 118.53:4/20安値 118.21:リトレースメント61.80%

週明けは、一目/雲の下限をローソク足の実体ベースで下方ブレイクする展開となっている。このまま雲の下限でレジストされれば、上記のサポートポイントでの攻防が焦点として浮上しよう。上方ブレイクしても現在のドル安再燃ムードの中では、119.60レベルまでの反発が精一杯か。

EUR/USD

レジスタンス 1.0955:4/7高値 1.0900:4/24高値
サポート 1.0787:一目/基準線(赤ライン) 1.0764:10日MA(黄ライン)

短期レジスタンスラインを上方ブレイク。RSIも売り買い分水嶺の50.00を上回る水準で推移している。1.09ミドルをも突破する展開となれば、1.10台への再上昇を意識したい。一方、下値は一目/基準線を維持できるかが目先の焦点となろう。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。