参加者/材料少なくレンジ相場を想定

Market Overview-各市場とも小動き

bg_nyse_traders_1389566

24日海外時間の各市場は市場参加者が限られこともあり、小動きに終始。昨日発表された米新規失業保険申請件数は28万件と、4週連続で減少し労働市場の改善を示唆する内容となったが、米株は横ばい圏で取引を終了。米債券市場にも目立った値動きは見られなかった。主要な欧州株式市場も小動きに終始した。

外為市場ではドルの売り買いが交錯した。ユーロドルは1.2200を挟んで、ドル円は120円前半でレンジ相場が継続。オセアニア時間に若干円売り圧力が強まったものの目立った値動きは見られず、本日の東京時間を迎えようとしている。

市場参加者が限られる中、昨日の動向で興味深かったのは商品相場だった。NY金先物2月限(COMEX)は3日続落。ドルインデックスが小幅に反落する中でも金相場で下落トレンドが継続している事実は、イエレンFRBによる金融正常化を背景に、今後ドル高が継続するとの観測が根底にあることを示唆している。

一方、昨日のNY原油先物2月限(WTI)は2.0%(前日比)を超える下落幅となった。昨日の反発は予想外に増加した米国の原油在庫にあるが、直近の原油価格下落の根底には、米国のエネルギー革命による構造変化がある事実を踏まえるならば、原油相場は引き続き不安定な値動きが継続しよう。ただ、グローバル株式市場での調整相場終了後は「原油安=株安」という負の連鎖が断ち切られ、プラスの側面(特に米国の個人消費拡大)にも焦点が当たる可能性がある。クリスマス休暇明け後、原油安は株高要因として捉えられる局面が散見されると想定している。

Today’s Outlook -アジア時間の動向に注視

本日も市場参加者が限られる中、焦点はアジア時間の動向となろう。日経平均は5日続伸しており、利益確定売りが優勢となれば、円相場では円高優勢となろう。ただ、米株の復活に伴いグローバル株式市場が再び安定化の兆しを見せ始めている点を鑑みるに、株式の下値は限定的となろう。ドル円は120円台(5日MA)の維持を想定している。

尚、12時45分に黒田東彦日銀総裁の講演が予定されている。目新しい発言内容はないと思われるが、円相場を動かす要因として注視しておきたい。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 121.86:年初来高値 121.00:12月9日高値
サポート 120.00:サポートポイント 119.07:10日MA(赤ライン、24日現在)

本日も上値の焦点は121円台への再上昇、下値のそれは120円台の維持となろう。株式市場で調整色が強まり119円台の攻防へシフトすれば、10日MA(黄色ライン)の維持が次の焦点として浮上しよう。尚、朝方のオーダー状況を確認すると、121.00&121.20レベルにはオファーが観測されている。ビッドは120.00、119.80-70にそれぞれ観測されている。

ユーロドル

レジスタンス 1.2302:12月19日高値 1.2246:12月23日高値
サポート 1.2164:12月23日安値 1.2100:サポートポイント

1.2200を挟んだレンジ相場を想定。米欧の金融政策のコントラスト(方向性の違い)を鑑みるに、注意すべきはやはりダウンサイドにあろう。直近安値1.2164ブレイクならば、来週以降1.2100をトライする局面が散見されよう。尚、朝方のオーダー状況だが、1.2270、1.2300にはオファーが観測されている。ビッドは1.2150、1.2100に観測されている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • サポートとレジスタンス

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • 「売り」取引の方法

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • ストップ

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。