国内政局は「株高+円安」要因

Market Overview-新たな焦点に国内政局が浮上

bg_shinzo_abe_1406376

市場参加者が限られる中、11日の海外外為市場では円売りが加速した。背景には堅調な日米欧の株式動向に加え、国内政局への思惑もある。特に後者に関しては、安倍政権が支持率維持のために消費増税の見送りを決めると同時に、年内の解散総選挙で国民の信を問うた後、一段の景気対策(アベノミクス第2弾)を打ち出す可能性をマーケットに意識させている。ロンドン時間にドル円は116.10レベルと2007年10月18日以来の高値水準まで上昇。クロス円も堅調に推移し、ユーロ円は今年1月上旬以来となる144円台へと上昇すれば、豪ドル円は節目の100円を突破する展開となった。

一方、ドル相場は市場参加者や材料が限られる中、ドルロングを調整する動きとなり、対円以外では上値の重い展開となった。ユーロドルは1.2500手前まで反発。対資源国通貨でも米ドルは軟調に推移した。

昨日の米国株式は、市場参加者が限れられる中でもダウ工業株30種平均とS&P500種はそれぞれ過去最高値を更新した。このレポートで何度も指摘してきた通り、米国株式が史上最高値圏を維持する限りグローバル株式市場も堅調に推移し続けよう。そして株高維持が続く限り、円安優勢の展開も継続しよう。

その株高維持、特に国内株式の動向を左右する材料として国内政局が急浮上してきた。消費税率の10%への引き上げを延期し、これまでの政策に関し、12月解散総選挙で国民に信を問うことになれば(野党の支持率を考えれば自民党が勝利する可能性が極めて高いことを鑑みるならば)、国内株式にとってはポジティブ要因と想定している。消費増税を延期しても、10月31日に日銀がサプライズ緩和を決定したことで円買い材料になり難い点も国内株式の支援要因となろう。むしろ、上述したようにアベノミクス第2弾への期待感が強まる可能性が高く、現状での消費増税延期と総選挙実施は、「株高+円安」要因と想定している。

Today’s Outlook -焦点は英インフレ報告とポンド相場

本日のアジア時間も円相場も株式にらみの展開となろう。欧米株式に追随し本日の国内株式が株高維持となれば、ドル円は116円台への攻防へシフトする可能性があろう。クロス円も堅調に推移しよう。

海外時間で注目すべきは、英経済指標と四半期インフレ報告だろう。日本時間18時30分に10月の雇用関連指標が発表される。失業率の低下が予想されている。雇用改善傾向が確認されれば、ポンド買い要因となろう。ただ、今後のポンド相場のトレンドを左右するのは、19時30分に公表されるインフレ報告の内容だろう。世界経済の不確実性(欧州の景気後退、中国リスク)を意識し、国内成長率予想とインフレ予測が下方修正されれば、早期利上げ観測が後退し(2015年後半まで利上げを見送るとの観測が強まり)ポンド売りを誘発しよう。

カーニーイングランド中央銀行(BOE)総裁やドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁といった要人発言にも注目したい。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 116.50:レジスタンスポイント 116.10:11月11日高値
サポート 115.00:サポートポイント 114.00:サポートポイント

下値の焦点は引き続き113円台の維持となろう。テクニカル面では11月高安の76.40%戻し113.29レベル、そして10月安値-11月高値の26.30%戻し113.15レベルの攻防に注目したい。一方、上値は直近高値115.60レベルの突破が焦点となろう。尚、朝方のオーダー状況だが115.00&115.20レベルにはオファーが観測されている。ビッドは114.00から113.00にかけて断続的に観測されている。

ユーロドル

レジスタンス 1.2577:11月4日高値 1.2510:11月10日高値
サポート 1.2358:11月7日安値 1.2300:サポートポイント

目先、上値の焦点は1.2500レベルの突破だろう。ただ、ECBによる緩和強化が意識され続ける中では、4日高値レベルまでの反発までが限界か。下の水準には1.2358からの38.20%戻しが位置している。下値は1.2400での攻防が焦点となろう。
尚、朝方のオーダー状況だが、1.2500-1.2510にはオファー、1.23ミドルレベルにはビッドがそれぞれ観測されている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。