株高と金利反発の共存関係

Market Overview

29日の海外外為市場は、欧州通貨が対ドルで堅調に推移した。ECBとBOEによる金融緩和からの脱却期待が引き続き意識され、ユーロドルは1.1445レベルまで上昇。ポンドドルは、レジスタンスポイント1.3を2日連続で突破する局面が見られた。

一方、この日のグローバル株式は総じて下落。米国株式市場では、これまで株高をけん引してきたハイテクセクターへの売り圧力が強まり、ナスダック総合は前日比-1.4%安の6,144.35と、約1か月ぶりの安値水準まで下落した。株安は円買い圧力を強め、ドル円は高値112.93から111.81まで急落。クロス円も同様の展開となった。
国際商品市況では、NY原油先物8月限が米原油生産の減少が好感され6日続伸する展開に。前日比0.19ドル高の1バレル=44.93ドルで取引を終えた。NY金先物8月限は欧州金融政策への思惑と米ドル安に挟まれ前日比3.3ドル安の1トロイオンス=1245.8ドルと、小幅に反落して終了した。

bg_euro_notes_968800

Analyst's view

目下のところ米金利は、欧州金利に追随して反発基調へ転じている。米ドル相場と相関性の高い10年債利回りは2.297%と、5月24日以来となる水準まで急反発中。その結果、日米10年債利回りの格差が拡大している。本来であれば金利差の拡大はドル円のサポート要因となる。ただ、それは株式動向次第と言えよう。

今回の金利反発局面で注視すべきは、株式動向となろう。イエレンFRBに続き、ドラギECBとカーニーBOEも出口戦略を模索し始めたとなれば、これまで株式市場に流入していた資金が細ることは確実。昨年の米大統領選挙時には、株高と金利上昇という共存関係が成立していた。これはトランプ政策への期待が土台となって発生した現象だった。しかし現在は、その政策に対する期待が完全に後退中。また、共存関係を構築する新たな土台が見当たらない中での金利反発は、株安要因として作用する可能性がある。特に注視すべきは米株と欧州株の動向だろう。29日の米株は、主要3市場がそろって下落した。注視すべきは、これまで株高のけん引役だったハイテクセクターへ売り圧力が強まっていることだ。上述のとおりナスダック総合指数は約1か月ぶりの安値水準まで下落。また、ナスダック100とS&P500のボラティリティを比較すると、前者の上昇幅が拡大していることがわかる(チャート①)。過去のリスクイベント時のボラティリティと比較すればまだ低水準ではあるが、フランスリスクが意識された水準はすでに上抜け、且つS&P500とのかい離が広がっている事実は、ハイテクセクターに対する警戒感の高まりを示唆している。7月4日の米独立記念日や四半期決算を控えているタイミングも考えるならば、ハイテクセクターが米高調整のけん引役となる可能性があろう。
また、欧州株のボラティリティも拡大傾向にある(チャート②)。ドラギ発言後にボラティリティの拡大が始まった点を考えるならば、欧州金利の急反発がネガティブ要因として意識されていることは明白。欧米株式の下落幅がさらに拡大すれば、米金利の反発圧力の相殺要因となろう。結果、株安がドル円の上値を抑制する材料となる可能性がある。


【チャート①:ナスダック100とS&P500のボラティリティ比較チャート】

chart1_20170630


【チャート②:欧州50とS&P500のボラティリティ比較チャート】

chart2_20170630

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。