株安進行を警戒

Market Overview

6日の海外外為市場は、米ドル売り優勢の展開となった。8日のリスクイベントを控え米債券市場では各ゾーンの金利が低下。10年債利回りは一時2.129%まで低下する局面が見られた。米金利の低下は米ドル安圧力を強め、ドル円は重要サポートポイント109.60を欧州タイム序盤にあっさりと下方ブレイク。NYタイムには109.22レベルまで米ドル安が進行した。その後戻す局面が散見されたものの、109.60手前で上値がレジストされた。一方、ユーロドルは1.12後半で底堅い展開となったものの、独金利の低下がユーロ買い圧力の相殺要因となり、引き続き1.13がレジスタンスポイントとして意識される状況に変化は見られなかった。

欧米株式だが、こちらも8日のリスクイベントが意識され総じて軟調地合いとなった。不透明感が強まっているカタール情勢も相場の重石となった。だが、この日はNY原油先物7月限が前日比0.79ドル高の1バレル=48.19ドルと3営業日ぶりに反発したことが株売り圧力の相殺要因となったため、米株の下落幅は限定的だった。NY金先物8 月限は、政治リスクや米ドル安が意識され前日比14.8ドル高の1トロイオンス=1,297.5ドルと大幅に続伸して終了した。

bg_usd dollar united states new 5

Analyst's view

米10年債利回りは6日、昨年11月11日以来となる2.129%まで低下する局面が見られた。米金利の低下が続く限り、米ドル相場の反転はポジション調整以外では見当たらないのが現状だ。8日のリスクイベントを考えるならば、本日も「米金利低下→米ドル安」を想定したい。

米金利の低下圧力が続くことを想定するならば、ドル円は引き続き下値トライを警戒したい。サポート水準は、株式動向次第で決定されよう。6日のレポート「ドル円は下値トライ / ユーロドルは上値トライ」で指摘した109.60レベルは昨日、あっさりと下方ブレイクした。これまでは「米金利低下=米ドル安」を「株高=円売り」が相殺してきたが、6日はその相殺要因がなくなったため、上記の展開となった。明日のリスクイベントを考えるならば、本日も株式市場は上値の重い展開となる可能性が高い。よって、ドル円は「米金利低下 / 株安」のダブルパンチにより109.00の下方ブレイクを警戒したい。株安の進行度合いによっては、108.50レベルに観測されているビッドをこなし、現時点での今年安値108.13再トライもあり得る(チャート①参照)。

ただ、ボラティリティを確認する限り、株式市場ではリスクセンチメントが急速に悪化しているわけではない(チャート②参照)。よって、本日「ドル安 / 円高」へ振れても8日のリスクイベントをこなした株式市場が再び株高ムードを強める可能性は高い。その場合、米金利への低下圧力も後退しよう。ドル円がセリング・クライマックスとなるかどうか、まずは8日のリスクイベント、特にコミー前FBI長官の上院情報特別委員会での証言内容が注目される。


【チャート①:ドル円チャート】

chart1_20170607


【チャート②:欧米株ボラティリティチャート】

chart2_20170607

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引方法

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • 配当金

    株式なくしては、各国の経済に不可欠な株式市場は成り立たないでしょう。ここでは、株式取引が個人投資家の収入源と大きな資産になる一方、いかに企業の拡大・成長につながるかということを学びます。

  • レバレッジ入門

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。