米株が中国リスクの相殺要因となるか

アナリストの視点-中国リスク再び

トレーダー

13日の海外株式市場は、中国の景気減速懸念を背景に総じて上値の重い展開となった。海外外為市場では資源国通貨が軟調地合いとなった。また、株安を背景にクロス円も円高優勢の展開に。一方、USD/JPYは売り買いが交錯するも株安を背景に119円後半で上値がレジストされたまま、本日の東京時間を迎えている。

現在のグローバル株式市場は4つのリスク(①米金融引締め・②ドル高・③中国の景気減速・④資源価格の低迷)に囲まれている。13日に発表された中国の9月貿易統計(ドル建て)では輸入額が前年同月比20.4%減となり、同国の内需縮小があらためて浮き彫りとなった。この懸念(=中国の内需縮小懸念)は水面下で燻っていた③のリスクを再び台頭させ、海外株式市場を圧迫。外為市場では資源国通貨に売り圧力が強まった。本日から来週にかけて発表される同国のマクロ指標データ(GDP・CPI・PPI・小売売上高・鉱工業生産)が総じて市場予想を下回るようならば、先週とは一転して資源関連アセット(資源国通貨・資源関連株・エネルギー&ベースメタル)がリスク回避を先導する可能性があろう。

ただ、現在は今夏とは違い①と②のリスクが一時的に後退している。これら後退要因を背景にグローバル株式が堅調に推移すれば、中国の景気減速リスクの相殺要因となることで、今夏のようなリスク回避局面は回避される可能性があろう。だが、それは米株が堅調に推移するという条件付き。その米株は、このレポートで既述の通り四半期決算次第でトレンドが左右されよう。13日の決算は、医薬品・日用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が29%の減益決算となった一方、半導体大手インテルはモノのインターネット(IoT)事業を背景に売り上げ高や1株利益が市場予想を上回る等、強弱まちまちの内容となった。本日から明日にかけては金融セクターの決算が目白押しだが、中国の指標データとともに総じて市場予想を下回るようならば、米雇用統計後から続くリスク選好に陰りが見えてくる可能性があろう。

本日の焦点-材料の多い一日

本日はマーケットを動かす材料に事欠かない一日となろうー
東京時間は、中国の9月指標データが焦点となろう。消費者物価指数(CPI)の予想値は前年同月比で1.8%、生産者物価指数のそれは同-5.9%。総じて予想を下回る内容となれば、同国の内需縮小懸念が一層高まり、中国株式市場と資源関連アセットの圧迫要因となる可能性があろう。中国リスクを背景に日経平均が続落した場合、今後1万8,500円レベルが強固なレジスタンスポイントとして意識されよう。円相場はクロス円を中心に円高優勢の展開となろう。

欧州時間では、9月の英雇用統計の内容がポンド相場の変動要因となろう。また、ユーロ圏の8月鉱工業生産が市場予想(前月比-0.5%)を下振れた場合、欧州中央銀行(ECB)による緩和強化観測が意識されることで、一時的にせよユーロ売り圧力が強まる可能性がある。

NY時間は、米四半期決算がメインテーマとなろう。本日から明日にかけてはバンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェースそしてゴールドマン・サックス・グループといった金融セクターの決算発表が目白押しとなっている。内容次第で米株のトレンドを左右しよう。米株の動向は外為市場のトレンドを左右しよう。

Technical analysis highlights

USD/JPY

レジスタンス 120.75:雲の上限 120.45:雲の下限
サポート 119.62:一目/転換線 119.00:レンジの下限

攻防分岐は119.60レベルの攻防となろう。短期サポートライン及び日足転換線(黄ライン)が密集するこのレベルを下方ブレイクした場合、9月より続くレンジの下限119.00を視野に入れる展開を想定したい。一方、上値は日足雲の下限のトライが焦点。
尚、直近のオーダー状況だが120.30から120.60にかけては断続的にオファーが観測されている。119.50、119.30及び119.00にはビッドの観測あり。ストップは120.60上及び119.40&30下にそれぞれ観測されている。

EUR/USD

レジスタンス 1.1460:9/18高値 1.1400:レジスタンスポイント
サポート 1.1300:サポートポイント 1.1287:10日MA

目先の攻防分岐は、ローソク足の実体ベースでレジストされ続けている1.1400。突破に成功するならば、次の焦点は9月18日高値水準となろう。逆に反落するならば1.1400が新たなレンジ上限として意識され、10日MA(緑ライン)を視野に下落幅拡大を想定したい。
尚、直近のオーダー状況だが1.1500には厚いオファーが観測されている。ビッドは1.1330及び1.1300に観測あり。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。