焦点は米雇用統計を受けた来週以降の株式動向

Market Overview -来週の株式動向を見極める必要あり

bg_new_york_stock_exchange_801811

2日の海外外為市場は、ドル売り優勢の展開となった。この日発表された米新規失業保険申請件数が良好な結果となり、米金利の上昇を誘発。しかし外為市場では、3日のグッドフライデーと米雇用統計(3月)を控え、ユーロショートを調整する動きが加速。EUR/USDは再び1.09台をトライする展開となった。他のドルストレートでもドル売り優勢の展開となったこと、米株をはじめとしたグローバル株式市場が堅調に推移したことを受け、円相場はクロス円を中心に円売り優勢の展開に。USD/JPYはクロス円にサポートされ119円後半でこう着したまま、本日の東京時間を迎えている。

目先の焦点は下記で述べる米雇用統計(3月)となろう。本日はグッドフライデーで欧米株式市場が休場のため、米雇用統計直後の円相場の動向がそのままトレンド化するかどうかは、来週以降の欧米株式の動向を確認する必要があろう。
その米雇用統計だが、リスクはアップサイドにあろう。質 / 量の改善が早期利上げ懸念の再台頭を促すことで、かろうじてレンジ相場を維持している米株が来週以降明確に下値を模索する展開となれば、円相場ではクロス円を中心とした円高圧力が強まろう。USD/JPYは、株安(=クロス円下落)による円高圧力がドル高圧力を凌駕する展開を想定したい。この場合の焦点は、122円台到達の起点となった118.00の維持となろう。このサポートポイントをも一気に下方ブレイクする展開となれば、グローバル株式市場が崩れている可能性が高いと想定すべきだろう。雇用統計後、「米金利上昇+株安」が明確化すれば、外為市場全体ではリスク回避のドル高圧力が強まろう。

 

Today’s Outlook -米雇用統計後のドル相場に注目

本日最大の焦点は米雇用統計(3月)となろう。質 / 量ともに労働市場の改善傾向が確認されれば、イエレンFRBによる早期利上げが再び意識され、外為市場ではドル高優勢の展開となろう。特に欧州中央銀行(ECB)の緩和強化に加えギリシャリスクが再台頭しているユーロ、資源価格(鉄鉱石 / 原油)の低迷と追加利下げ観測により売り圧力が強まり易い環境にある豪ドル、そして各種リスク要因(政治情勢、金融緩和政策、恒常的な経常赤字、資源価格の低迷)に直面している新興国通貨(ブラジルレアル、ロシアルーブル、インドネシアルピア、南アフリカランド、トルコリラ)でドル高優勢の展開となろう。
逆に総じて冴えない内容となれば、過去最高水準まで積み上がっているユーロショートを調整する動きが加速し、EUR/USDは再び1.10台をトライする展開が想定される。他のドルストレートでもドル売り優勢の展開となろう。USD/JPYのチャートポイントについては下記「TECHNICAL ANALYSIS HIGHLIGHTS」を参照されたい。



Technical analysis highlights

USD/JPY

レジスタンス 120.37:21日MA(緑ライン) 120.00:レジスタンスポイント
サポート 119.35:一目/転換線(青ライン) 118.94:リトレースメント50.0%

一目/転換線-21日MAを中心レンジと想定。21日MAで見事にレジストされていること、そしてRSIが売り買い分水嶺の50.00を下回る状況であることを鑑みるに、警戒すべきは一目/転換線の下方ブレイクだろう。この場合119円台の維持が次の焦点として浮上するが、上述した通り「強い雇用統計→株式下落」となれば、リトレースメント61.80%を視野に下落幅が拡大する展開も想定しておくべきだろう。

EUR/USD

レジスタンス 1.1053:3/26高値 1.1000:レジスタンスポイント
サポート 1.0773:21日MA(緑ライン) 1.0720:短期サポートライン

次第に1.07-1.10のレンジ相場へと移行しつつある。一目/基準線(赤ライン)や遅行線(青ライン)の状況、RSIが売り買い分水嶺の50.00を下回る水準で推移している点も鑑みるに、戻り売りスタンスの戦略を維持したい。下値テクニカルで注目すべきは、21日MA&短期サポートラインとなろう。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • レバレッジとリスク

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。

  • 取引プランを使う理由

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。

  • 取引所と価格

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。