米金融政策への思惑を見極める1週間

Market Overview -外為市場のトレンドは米金融政策への思惑次第

FXマーケット

先週18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)から20日までの米国マーケットの動向をまとめると、18日が「株高・債券高(金利低下)」、19日が「株安・債券安(金利上昇)」、そして20日は18日同様「株高・債券高(金利低下)」の展開となった。外為市場では米金利の動向に連動し、18日ドル安、19日ドル高、20日ドル安の展開に。19日が「株安・債券安(金利上昇)」となったこと、外為市場でドル売りが調整の範囲内にとどまっている事実は、米6月利上げ観測が完全に後退していないこと、それ故、「Data Dependency-指標データ」を掲げるイエレンFRBは、今後の労働・インフレ・個人消費の各指標データが好調だった場合、6月利上げに踏み切ることを米国マーケット / 外為市場では意識されているということだろう。

また、米6月利上げ観測が完全に後退していないことは、ドル相場のテクニカルも示唆している。例えば、ドルインデックス(DXY)は2月以降21日MAでサポートされる状況が継続し、USD/JPYは1月安値を起点としたサポートラインを維持している。そしてEUR/USDは昨年12月高値を起点としたレジスタンスラインで見事に上値が抑えられている。ここまでのドル高スピードを考えるならば、米6月利上げ観測が完全に後退した場合は「株高オンリーのリスク選好」を背景に、これらテクニカルを一気にブレイクしてもおかしくないが(特に短期間で急落したEUR/USDはレジスタンスラインを一気にブレイクしてもおかしくないが)、現状、そのような展開となっていない事実が、くすぶり続けている米6月利上げ観測とそれに伴うドル先高観を示唆している。

よって、米金融政策への思惑がどちらに振れるのか、この点を見極めることが引き続き外為市場のトレンドを見極める上で重要なテーマとろう。今週は2月の米消費者物価指数(CPI)や10-12月期実質国内総生産(GDP)確定値のほか、FEDスピーカーの講演が予定されている。これらの内容が米金利とドル相場のトレンドを決定しよう。米6月利上げ観測を後退させる内容が続いた場合、「株高オンリーのリスク選好」=「株高・商品高・米金利低下」の状況となり、外為市場ではドル安とクロス円での円安が進行し、USD/JPYは株式とクロス円の動向次第、という読みやすい展開となろう。

問題は、6月利上げ観測が再台頭した場合だろう。「株高+米金利上昇」か「株安+米金利上昇」となるかで、外為市場も様相を異にしよう。前者ならば、ファンダメンタルズ改善を意識したドル高を背景にユーロ、資源国通貨、新興国通貨は軟調な地合いとなろう。また、円相場ではドル円が再び円安ドライバーとなろう。
一方、後者の場合は、リスク回避の高まりを背景に、前者以上にドルは資源国通貨と新興国通貨で上昇幅を拡大させよう。一方、円相場では円高優勢の展開となろう。特にクロス円(ECBの緩和強化により売り圧力が強まっているEUR/JPY、軟調な株式と商品市場に圧迫されやすいAUD/JPY、CAD/JPY、NZD/JPY)で下落幅が拡大することが想定される。

Today’s Outlook -ドル相場はテクニカルでの攻防が焦点

上述した通り、ドル相場-ドルインデックス、EUR/USD、USD/JPYはそれぞれの重要テクニカルでサポート/レジストされている。これらテクニカルポイントを維持し続けることが出来るかブレイクするかが、本日以降の焦点となろう。

本日の注目材料は、独・ギリシャ首脳会談とFEDスピーカー(フィッシャー・FRB副議長、ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁、メスター・クリーブランド連銀総裁)の講演だろう。前者でギリシャリスクがさらに後退すれば、レジスタンスラインを視野にEUR/USDは上値トライとなろう。
ただ、レジスタンスラインのブレイクにはドル売り圧力も必要である。この観点で考えるならば、レジスタンスラインのブレイクはFEDスピーカーの発言内容次第か。本日講演予定のFEDスピーカーは、いずれも6月利上げの可能性にてついて示唆するか支持しており、且つ連邦公開市場委員会(FOMC)声明文の「忍耐強くなれる(be patient)」という文言の削除にも賛成している。米6月利上げをマーケットに意識させる発言内容が続けば、EUD/USDのレジスタンスライン突破の可能性は後退しよう。一方、USD/JPYでのサポートライン維持は米株の動向次第となろう。

Technical analysis highlights

USD/JPY

レジスタンス 121.50:レジスタンスポイント 121.02:21日MA(3/20時点、赤ライン)
サポート 119.65:サポートライン 119.30:3月18日安値

最大の焦点はサポートラインの維持となろう。ライン下の119.50レベルにはビッドも観測されており、オーダー状況の面でも119円ミドルレベルは重要サポートポイントとして捉えておきたい。
一方、上値は121.50レベルを上限と想定し、まずは21日MAを突破出来るかが注目される。121.25、121.70-80にはそれぞれオファーの観測あり。

3/23 USD/JPY 日足チャート

EUR/USD

レジスタンス 1.1000:レジスタンスライン 1.0956:一目/基準線(3/20時点、赤ライン)
サポート 1.0500:サポートポイント 1.0462:3月13日安値

目先の焦点は、1.09ミドル前後で推移している21日MAと一目/基準線の突破となろう。ただ、レジスタンスラインでレジストされる状況が続く限り、常に1.05ブレイクの可能性を意識しておくべきだろう。尚、直近のオーダー状況だが1.0900には厚いオファー、1.0550から1.0500にかけてはビッドが断続的に並んでいる。

3/23 EUR/USD 1時間足チャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • はじめに

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • リスクの度合いを測る

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。

  • 取引方法

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。