米株高維持ならば円相場の主役は再びクロス円に

Market Overview -ひとまず米早期利上げ観測は後退

米株

18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明では、金融政策の正常化に関し「忍耐強くなれる(be patient)」との文言を削除した一方、経済見通しについては前回の声明で用いた「堅調な(solid)」から「いくぶん緩やかになった(economic growth has moderated somewhat)」と下方修正した。
また、FOMC参加者によるフェデラルファ ンド(FF)金利誘導目標は2015年が0.625%(昨年12月時の1.125%)、16年末が1.875%(同2.50%)といずれも下方修正され、且つ2015年の米実質国内総生産(GDP)成長率も昨年12月の2.6~3.0%から2.3~2.7%に、個人消費支出(PCE)も昨年12月時点の予想1.5~1.8%の上昇から2015年末時点は1.3~1.4%の上昇と、いずれも下方修正された。

米国マーケットは各見通しの下方修正に反応し「株高・債券高(金利低下)」となった。外為市場ではドル売り圧力が強まり、ドルインデックスは一時97.00割れの局面が見られた。EUR/USDは短期レジスタンスライン(18日時点で1.1055レベル)をトライする展開に。また、USD/JPYは1月16日安値115.85レベルを起点としたサポートラインを下方ブレイクする等、ドルロングを調整する動きが加速した。一方、クロス円は米株や主要な欧州&新興国株式が堅調に推移したことで上値トライの展開となった。

 

将来の利上げに布石を打ちつつも、タカ派色を薄める内容となったFOMC声明を受け、ダウ平均は5日以来となる節目の1万8000ドル超え。ラッセル2000種指数は9.91ポイント(0.80%)高の1252.14と、過去最高値を更新した。ひとまず米早期利上げ懸念が後退したことで、米株は安定化する可能性が出てきた。米株の安定化は、円相場の主役が再びクロス円へシフトすることを意味する。

ただ、イエレンFRB議長は会見で6月利上げに含みを持たせる発言をしており、今後の経済指標次第では再び早期利上げ観測が浮上する可能性があろう。焦点はやはり雇用&インフレ関連指標となろう。特に前者の動向は、イエレンFRBが6月利上げのハードルと認識している低インフレ脱却の重要ファクターとなる。次回FOMC(4/28-29)までに労働市場の改善スピードが加速すれば、マーケットではイエレンFRBが利上げに向けた新たな文言(2004年利上げ時は”measured pace”)を盛り込み、6月利上げシグナルを発信してくると意識しよう。

尚、4月は米四半期決算と重なる。以前も指摘したように、米株は2014年以降、決算期に絡み調整が入るパターンが見られる。4月決算のタイミングで米早期利上げ観測が再台頭すれば、米株が再び崩れる可能性は否定できない。

Today’s Outlook -米株続伸なるか

本日の国内株式は、堅調なグローバル株式を背景に堅調に推移する可能性があろう。欧州中央銀行(ECB)による緩和強化と米早期利上げ懸念の後退を背景に、欧州株式も同様の展開が想定される。よって、NYタイム前の円相場はクロス円を中心とした円安優勢を想定したい。

最大の焦点は、米株が続伸するかどうかだろう。昨日の流れを引き継ぎ米株続伸となれば、クロス円を中心とした緩やかな円安基調が継続しよう。一方、USD/JPYは株式とクロス円の動向に左右される展開となろう。

注視すべきは、好調な米指標データに対する米株の反応だろう。マーケットはFOMC声明をハト派寄りと捉えたが、上述した通りイエレンFRB議長は6月利上げの選択を排除していない。その議長が「Data Dependency-指標データ次第」のスタンスを鮮明にしている以上、本日の米指標データ(特に新規失業保険申請件数)が総じて好調だった場合、再び早期利上げ懸念が意識される可能性は否定できない。「好調な米指標データ→米株反落」となれば、円相場は一転して円高優勢の展開となろう。また、世界的なドルロング調整圧力も後退しよう。

Technical analysis highlights

USD/JPY

レジスタンス 121.00:レジスタンスポイント 120.66:一目/転換線(青ライン)
サポート 119.45:サポートライン 119.29:3月18日安値

1月16日安値115.85を起点としたサポートラインの維持が焦点として浮上してきた。上値は17日まで相場をサポートしてきた一目/転換線の突破となろう。

3/19 USD/JPY 日足チャート

EUR/USD

レジスタンス 1.1030:レジスタンスライン 1.0956:一目/基準線(赤ライン)
サポート 1.0800:サポートポイント 1.0753:一目/転換線(黄色ライン)

昨年12月16日高値1.2570を起点としたレジスタンスラインの突破が焦点として浮上してきた。昨日はこのラインで見事に上値が抑えられており、この状況が継続するならばマーケットは再びユーロ売りを仕掛けてこよう。

3/19 EUR/USD 1時間足チャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 株価

    株式なくしては、各国の経済に不可欠な株式市場は成り立たないでしょう。ここでは、株式取引が個人投資家の収入源と大きな資産になる一方、いかに企業の拡大・成長につながるかということを学びます。

  • はじめに

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • レバレッジ取引を行う

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。