焦点は引き続き米指標データに

Market Overview -米株反落も金利は堅調

Source: Bloomberg

3日の米国株式は新規の買い材料に乏しかったこともあり、3市場が揃って利益確定売り優勢の展開となった。主要な欧州株式も続落、新興国株式は強弱まちまちの展開となった。一方、商品市場では原油先物相場(WTI4月限)が反発し、終値ベースで1バレル=50ドル台を維持した。そして外為市場では、米雇用統計を前にドルロングを調整する動きが散見され、円相場ではクロス円を中心に円高優勢となる等、明確な方向性に欠けたまま本日の東京時間を迎えている。

昨日の海外動向で興味を引いたのは、米金利だった。欧米株式が軟調な地合いとなって尚、米金利が上昇した事実は、直近のインフレ関連指標が米6月利上げに対する不透明感を後退させていることを示唆している。
米金利への低下圧力が後退し続けていることで、対円&ユーロでのドル売りも限定的。特に、好調な独小売売上高(1月)の内容をもってしてもユーロドルでのショートカバーが限定的だった昨日の動向は、米独金利差拡大観測(欧米金融政策のコントラスト)を背景にドルインデックスが更なる上値トライの展開となることを暗示している。
また、米株が高値圏で推移し続ける限り、円相場での円高圧力も後退し続けよう。今後の米指標データで6月利上げの可能性がさらに高まれば、「米株高+金利上昇」を背景にUSD/JPYも次のレジスタンスポイントである121.00レベルを視野にドル高トレンドが明確化してこよう。

 

Today’s Outlook -材料の多い一日

本日以降、米労働関連指標に注視する日々となろう。本日はADP雇用統計(2月)とISM非製造業指数(同月)にマーケットの注目が集まろう。総じて市場予想を上回る内容となれば米金利の低下圧力がさらに後退し、外為市場でのドル高圧力を強めよう。焦点は米株の動向だが、直近のインフレ指標の伸びと6月利上げ観測の台頭を受けて尚、高値圏を維持している状況を鑑みるに、好調な指標データは素直に株高で反応する可能性が高い。USD/JPYは120.50レベル、EUR/USDは1.11を視野にドル高優勢の展開を想定。
また、本日は米指標データ以外に注視すべき材料がいくつかある。東京タイムでは、日本時間9時30分に発表される10-12月の豪国内総生産(GDP)速報値と、10時15分のイエレンFRB議長の講演に注目したい。特に前者は、昨日豪準備銀行(RBA)がサプライズ的に政策金利を据え置いた後だけに、GDPが下振れた場合は利下げ観測の再台頭を背景に豪ドル売り圧力を強めよう。
欧州タイムでは、日本時間19時に発表されるユーロ圏小売売上高(1月)の内容でユーロ相場が上下に振れる可能性があろう。市場予想を上回っても欧州中央銀行(ECB)の緩和政策が相殺要因となり、ユーロドルの反発は限定的となる可能性が高いだろう。
また、翌4時に公表される米地区連銀経済報告(ベージュブック)もドル相場の変動要因として注目したい。



Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 121.00:レジスタンスポイント 120.50:レジスタンスポイント
サポート 119.00:サポートポイント 118.92:21日MA(3/3現在、赤ライン)

2月同様、120円突破に成功するも滞空時間は短い。よって、今後の焦点は120円台を終値ベースで維持できるかどうかにシフトしている。それを達成する上で、目先注目すべきはオファーが観測されている120.50(2月11日高値)の突破だろう。一方、サポートの焦点は、119.00レベル付近まで上昇してきた21日MAの維持となろう。尚、119.20及び119.00レベルにはビッドが観測されている。

ユーロドル

レジスタンス 1.1332:21日MA(3/3現在) 1.1250:レジスタンスポイント
サポート 1.1114:1月26日安値 1.1100:サポートポイント

テクニカルの焦点はトップサイドが21日MA、ダウンサイドがボリンジャー下限(σ-2.5)で変わらず。ただ、昨日も指摘した通り、ソーサー・トップの形状を鑑みるに、1.11トライの展開を常に想定しておくべきだろう。 尚、直近のオーダー状況だが1.1250には厚いオファー、1.1280にはストップの観測がある。ビッドは1.1150&1.1100にそれぞれ観測されている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 技術的な過ち

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • CFDの基礎知識

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。

  • 「売り」取引とは

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。