最後のピースは米指標データ

Market Overview-揃いつつあるリスク選好回帰の材料

bg_stock crash equities 5

3日の欧米株式市場は総じて堅調に推移した。ギリシャが債務減免の要請を撤回するとの観測を背景に主要な欧州株式は序盤より買い優勢で推移。1月25日の総選挙後、下落トレンドを辿っていたギリシャのアテネ総合指数もこの日は11%上昇した。また、堅調な欧州株式に加え原油価格が大幅に反発したことも合わさり、米国株式では主要3市場がそろって1%以上の上昇となった。

海外の円相場はクロス円を中心に円売り優勢の展開となった。豪中銀(RBA)のサプライズ利下げにより89.37レベルまで急落した豪ドル円だったが、堅調な欧米株式や原油価格の急反発を背景に一気に91.80レベルまで急伸。ギリシャリスクの後退を背景にユーロのショートカバーが強まったことで、ユーロ円は133.10レベルから一気に135円台を回復。高値135.20を付けた。ドル円はクロス円の上昇にサポートされるかたちで117円台を維持した。ただ、ユーロドルに見られるように世界的なドルロング調整地合いが圧迫要因となり、117円後半で上値が抑えられたまま、本日の東京時間を迎えている。

高まる原油価格の底入れ期待とギリシャリスクの後退。リスク選好へ回帰する材料は徐々に揃いつつある。回帰を促す最後のピースは米指標データだが、ここにきて冴えない内容が続いている点は新たな懸念材料として注視しておきたい。昨日はブラード米セントルイス地区連銀総裁が、金融政策に柔軟性を持たせるために連邦公開市場委員会(FOMC)声明に新たに盛り込まれた「忍耐強い」との文言を削除すべきとの考えを示した。金融政策に柔軟性を持たせる、これは言い換えれば将来の不確実性にいつでも対処できるスタンスで臨む、ということだが、タカ派寄りの同総裁からこのような発言が飛び出すということは米国外のリスク要因が米経済に及ぼす負の影響を懸念していることの表れだろう。

よって、今日以降の米指標データが総じて冴えない内容となれば、米利上げが6月以降に先延ばしになるとの観測がマーケットで台頭し、対ユーロをはじめドルロングの調整地合いをさらに強めよう。また、米株での「1か月調整パターン」も崩れることで、円買い圧力も強まろう。逆に原油価格の反発とギリシャリスクが後退しているタイミングで米指標データが米株反発の要因となれば、円売り圧力を強めよう。ドル相場は米金利の動向次第だろう。「株高オンリーのリスク選好」状態ならば、ドルロング調整地合いが継続することでユーロ、資源国そして新興国通貨は対ドルで堅調に推移しよう。逆に米金利の上昇幅が拡大するならば、ドル高へ回帰しよう。

Today’s Outlook -株式動向、原油価格そして米指標データ

RBAまでが緩和姿勢を鮮明にしてきたことで、日銀による「異次元緩和」の優位性は急速に後退している。また、冴えない米指標データが続く現在の状況では、ドル円が円安ドライバーになることはできない。よって、円安持続の鍵はクロス円にあろう。そのクロス円は引き続き株式と原油価格をにらんだ状況となろう。特に注目すべきはユーロ円と豪ドル円の動向となろう。世界的なドル売りに加え、対ドルで積み上がっている膨大なユーロショートの巻き戻しが続けば、ユーロドルは21日MAを突破し、1月21日高値1.1680レベルが次の焦点として浮上しよう。「株高+ユーロショートカバー」となれば、ユーロ円は21日MA(136.08レベル)を視野にユーロ高/円安となろう。また、「株高+原油価格続伸」となれば、豪ドル円も10日MA(92.60レベル)トライを目指す可能性が高まろう。

本日は1月のISM非製造業景況指数が発表される。内容次第で米株のトレンドを左右しよう。株高要因となれば円相場は上述の通り。逆に米指標データがリスク選好回帰に水を差すならば、NYタイムのクロス円は円高優勢となることが想定される。ドル円は117円割れリスクを常に警戒したい。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 118.50:レジスタンスポイント 118.01:21日MA
サポート 115.85:1月16日安値 115.50:リトレースメント38.20%

昨日は下影陽線が示現。トレンド転換となるかが注目されるが、その鍵を握るのは21日MA(赤ライン)の突破だろう。ただ、このMAの突破に成功しても118.90レベルを上方ブレイクしない限り、常に115円台の攻防へシフトする可能性を意識しておきたい。尚、直近のオーダー状況だが118.00、118.50にはオファー、118.20にはストップが観測されている。ビッドは117.20、117.00、116.85そして116.50の各レベルに観測あり。

ユーロドル

レジスタンス 1.1642:一目/基準線(赤ライン) 1.1531:21日MA(3日現在)
サポート 1.1400:サポートポイント 1.1333:10日MA(3日現在)

短期レジスタンスラインの突破に成功。次の焦点である21日MA(緑ライン)の突破にも成功すれば、さらにユーロのショートカバーは継続しよう。目先の上限は1.20レベルを想定している。一方、下値は10日MA(黄ライン)の維持が焦点となろう。尚、直近のオーダー状況だが1.1600&1.1650レベルにはオファーが観測されている。ビッドは1.1450-1.1300で断続的に観測されている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • CFDの取引方法

    ここでは、IG証券の取引プラットフォームを紹介し、多様な資産クラスを提供するCFDを有効に取引するための方法について説明いたします。また、ストップ注文やリミット注文などの機能、レバレッジ取引の仕組みについても解説いたします。

  • 外国為替の基礎知識

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。

  • 商品の基礎知識

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。