センチメントの行方は米指標データと企業決算次第

Market Overview-今週の焦点は米株

bg_us_trader_1486539

週明けの米国株式は続落スタートとなった。原油価格のボトムが見えない中、エネルギー関連株が引き続き下落のけん引役に。企業決算シーズン前のポジション調整が重なったことも米株の上値を抑える要因とった。軟調な米株の動向を受け米金利は各ゾーンで低下。「米株下落・金利低下」を背景に円相場は総じて円高優勢の展開に。ドル円は118円ミドル割れ、ユーロ円は節目の140.00を下方ブレイク。オセアニア時間では若干円安へ振れる展開が散見されるも上値の重いムードを残したまま、本日の東京時間を迎えている。

米株では上値の重い状況が、米金利では低空飛行が続いているがドルインデックスは約9年ぶりの高値水準を維持(92.00レベル)している商状を鑑みるに、ドル相場全体の底堅さの根底には「リスク回避」があろう。ただこの局面では、ドル買い圧力以上に円買い圧力が勝っていることは、ドル円の下落が示している。この状況が継続するかどうか、その鍵は米株が握っていよう。そして米株のトレンドを左右するのは指標データと今週より本格化する企業決算となろう。
目下、原油安は負の側面のみがクローズアップされている。しかし、14日の小売売上高(12月)とミシガン大学消費者態度指数・速報値(1月)で米個人消費の拡大が確認されれば、原油安の「恩恵」にもマーケットの耳目が集まろう。消費者物価指数(12月、CPI)のマイナス化はリスク要因だが、消費者センチメントの改善に加え企業決算も総じて市場予想を上回るならば、持続的な米景気回復期待を背景に米株は底堅い展開となろう。米株に堅調さが戻ればリスク回避圧力が後退し、円相場は再び円安優勢の展開となろう。

逆に指標データや企業決算で米株が崩れるならば、さらに下値を模索する展開となろう。要注意は140円ブレイクとなったユーロ円だろう。140円上には200日MAや2014年高値からのリトレースメント61.80%戻しが位置している。だが、日足の一目/雲にレジストされ、これら重要テクニカルをも下方ブレイクしたタイミングで米株まで崩れれば、ユーロ売りと円買いのダブルパンチにより、今週中の135.00トライを意識する展開となろう。

Today’s Outlook -株式にらみ

本日の円相場は株式にらみの一日となろう。本日早朝の米アルミ大手アルコアの決算では、黒字転換と再編コストを除いた1株利益(EPS)が市場予想を上回った(0.33ドル>0.27ドル)ことが確認された。幸先の良いスタートを切った米企業決算だが、現在のリスク回避ムードを後退させるためには、上述の通り明日以降の決算と指標データの内容を見極める必要があろう。よって、本日も不安定なグローバル株式市場を意識し、円高リスクを警戒したい。チャートポイントは下記「TECHNICAL ANALYSIS HIGHLIGHTS」を参照されたし。

尚、注目すべき経済指標は日本時間11時に発表予定の中国の貿易収支(12月)と18時30分の英消費者物価指数(12月、CPI)となろう。前者は豪ドル相場の、後者はポンドの変動要因として注視したい。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 119.32:1月12日高値 119.00:レジスタンスポイント
サポート 117.93:リトレースメント23.60% 117.50:サポートポイント

日足の一目/基準線を下方ブレイクしたことで、118円台の維持が焦点に。テクニカル面では2014年高値からの23.60%戻し117.93レベルでの攻防に注目。上値は119円台への再上昇が焦点となろう。一方、上値は119円台への再上昇が焦点となろう。尚、直近のオーダー状況だが119.50と120.00にはオファーが観測されている。一方、118.00と117.50レベルにはビッドの観測あり。また、118.00下と117.80下にはそれぞれストップが観測されている。

ユーロ円

レジスタンス 140.88:1月12日高値 140.29:200日MA
サポート 139.75:1月12日安値 139.50:サポートポイント

日足の一目/雲でレジストされ、200日MA(赤ライン)&リトレースメント61.80%を下方ブレイクした事実を鑑みるに、139円台の攻防へシフトする展開を想定したい。目先の焦点は昨日安値レベルだが、このサポートポイントを下方ブレイクした場合は、暑いビッドが観測されている139.50が次の焦点として浮上しよう。尚このレベル下にはストップの観測がある。一方、上値は141円台への再上昇が焦点となろう。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。