リスクセンチメント改善は米指標データに

Market Overview-ひとまずリスクセンチメント悪化に歯止め

bg_us_trader_1465267

7日の海外外為市場では、対ドルでのユーロの軟調地合いが継続した。12月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値は原油安の影響を受け前年同月比で-0.2%と、市場予想(-0.1%)を下回った。マイナスとなるのは2009年10月以来。コア指数が前年比+0.7%となったことで独国債は反落(金利は上昇)したものの、外為市場では域内経済がデフレに陥る可能性が一段と高まったこと、それに伴い欧州中央銀行(ECB)が今月にも緩和強化に踏み切るとの観測が強まったことで、ユーロ売り圧力が強まった。ユーロドルは安値1.1802レベルまでユーロ安(ドル高)が進行した。

一方、ECBによる緩和強化は原油価格反発とともに欧州株式をサポート。12月の米ADP雇用統計が市場予想を上回ったことを受け米国株式も反発したため、ユーロ円では株高がユーロ売り圧力を相殺する展開となった。しかし、日足の一目/雲の下限でレジストされた事実を考えるならば、株式動向次第では節目の140.00をトライする展開となろう。

昨日の動向で注視すべきは、欧米株式市場とドルインデックスが同時に上昇したことだろう。原油価格反発の影響もあるだろうが、これら値動きの根底にあるのは欧米の金融政策動向だろう。昨日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録によれば、イエレンFRBによる早期利上げの可能性は後退。且つドラギECBによる1月緩和強化が現実味を帯びてきた事実は、今後も欧米株式市場にとってポジティブ要因となろう。また、米早期利上げの可能性が後退したとはいえ、今後米欧の金融政策のコントラスト(方向性の違い)が鮮明なることは確実な情勢となっており、ドルインデックスは92.0台の到達に成功。ユーロドルは次の重要サポートポイント1.1640レベルを視野に下落し続ける公算が大きいだろう。今月5日のレポートで、2015年前半の重要テーマは欧米の金融政策にあると指摘したが、欧米株式市場とドルインデックスはまさにこの点を示唆している。


Today’s Outlook -焦点は米指標データ

上述した通り欧米金融政策はグローバル株式市場のサポート要因だが、リスク選好へ完全に回帰するためには、これまでその土台となってきた米国のファンダメンタルズが今後も回復基調を辿るとの証拠、つまり好調な指標データが必要となろう。本日は木曜日恒例の新規失業保険申請件数が発表される。前日のADP雇用統計(12月分)に続き労働市場の改善を示す内容となれば、明日の雇用統計(12月分)への期待感が強まり米株の反発を誘発しよう。また、米金利への低下圧力も後退することで、外為市場ではドル買い優勢の展開となろう。
一方、日本時間19時に発表されるユーロ圏の各種指標データにも注目したい。特に11月の小売売上高で個人消費の落ち込みが確認されれば、さらなるユーロ売りを誘発する可能性が高まろう。上記米指標データが好調ならば、1.17ミドルのトライを想定したい。2004年4月下旬から5月中旬にかけてこのレベル付近がユーロをサポートし続けた経緯がある。
尚、本日は英中銀の動向にも注目したい。先月23日に公表された第3四半期の英GDP確報値が前年同期比+2.6%と、+3.0%だった改定値から下方修正された。ユーロ圏及び中国の景気減速リスクも考えるならば、声明内容がハト派寄りとなる可能性があろう。ポンド売り要因として注視したい。



Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 120.00:レジスタンスポイント 119.65:1月7日高値
サポート 118.05:1月6日安値 117.93:リトレースメント23.60%

118.60前後で推移する日足の一目/基準線にサポートされる状況が継続している。ただ、21日MAを完全に突破し切れていない状況を鑑みるに、118円割れリスクを常に警戒すべきだろう。上値/下値のポイントは上記の通り。
尚、直近のオーダー状況だが119.80レベルにはオファーが観測されている。118.50、118.00そして117.50レベルにはビッドが観測されている。

ユーロ円

レジスタンス 142.00:レジスタンスポイント 141.64:一目/雲の下限
サポート 140.56:1月6日安値 140.00:サポートポイント

反発するも日足の一目/雲でレジストされた事実を考えるならば、引き続きダウンサイドリスクを警戒すべきだろう。上値は一目/雲の下限を完全に突破できるかが注目される。下値は140.00トライとなろう。
尚、直近のオーダー状況だが142.00にはオファーが観測されている。一方、140.50と140.00レベルにはビッド、下の水準にはそれぞれストップが置かれている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。