欧州通貨がドル高を支援する構図に

Market Overview-ドル高トレンドを支援する欧州通貨

bg_us_flag_518642

12日の欧米株式市場は、高値警戒感やロシア・ウクライナ情勢を受け総じて上値の重い展開となった。ただ、ファンダメンタルズ改善期待を背景に米国株式は取引後半に下げ幅を埋める展開(ナスダック総合は前日比+14.58ドル高で終了)となったことで、米金利も反発。米株&金利の動向は米ドルの買戻しを誘発しドル円はNY時間に115.74レベル、ユーロドルは1.2419レベルまでドル買いが進行した。

また、ポンド売りも昨日のドル買戻しを支援した。この日公表された英四半期インフレ報告では、欧州経済の先行き不透明感や低い賃金上昇率を理由に経済成長とインフレ見通しが下方修正された。これによりイングランド中央銀行(BOE)による早期利上げ観測が後退。ポンドドルは1.5940レベルから1.5775レベルへと急落した。また、対円&ユーロでもポンド安の展開となった。

 

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁12日、現行の緩和政策が期待された効果を発揮しなければ、「非伝統的措置を含む他の措置を打ち出す可能性がある」と指摘。最新の経済予測が公表される12月理事会で、ECBが緩和強化に乗り出すための布石とも取れる直近の言動は、今後もユーロ相場を圧迫しよう。また、英インフレ報告でBOEによる早期利上げ観測もここにきて急速に後退。
欧州通貨売りがドル相場を支援する構図が、今後鮮明となろう。ただ、株高トレンドが崩れない限り、ユーロ円やポンド円の下落幅は対ドルと比較し限定的となろう。

Today’s Outlook -焦点は米中経済指標

アジア時間は中国経済指標に注目したい。日本時間14時30分に小売売上高(10月)、鉱工業生産(同月)が発表される。8日に発表された10月の中国貿易統計では輸入の鈍化が確認された。本日の指標データで内需低迷が改めて確認されれば、豪ドル/米ドルは0.8740前後で推移している21日MAがレジスタンスとなり、0.8600に向け反落する展開を想定したい。豪ドル円は株式動向にもよるが、節目の100円で底固め出来るかが焦点となろう。

NY時間では、米新規失業保険申請件数がドル相場を動かす可能性がある。雇用統計(10月)に続き労働市場の改善傾向が確認されれば「米株高+金利上昇+ドル高」を想定したい。ドル円は116円台の攻防へシフトするかが注目される。ユーロドルは、米欧の金融政策のコントラスト(方向性の違い)が意識されることで、1.23台への攻防へシフトする展開を想定したい。

尚、「米株高+金利上昇」を背景としたリスク選好は、対資源国&新興国通貨でのドル高も誘発しよう(株高オンリーのリスク選好は資源国&新興国通貨買い・ドル売り要因)。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 116.50:レジスタンスポイント 116.10:11月11日高値
サポート 115.25:リトレースメント38.20% 114.98:リトレースメント50.00%

昨日の米株と金利の動向を鑑みるに、引き続き上値トライを想定したい。116.10レベルを突破した場合は、厚いオファーとオプションバリアが観測されている116.50レベルが次の焦点として浮上しよう。
一方、下値は115円台の維持が焦点となろう。116.10からの38.20%が115.25レベル、50.00%が114.98レベルにそれぞれ位置している。前者(38.20%)は短期サポートラインともクロスしている。尚、ビッドは114.80&114.50レベルに観測されている。

ユーロドル

レジスタンス 1.2577:11月4日高値 1.2510:11月10日高値
サポート 1.2358:11月7日安値 1.2300:サポートポイント

1.2500がレジスタンスとてユーロの上値を抑え続けている。ECBによる緩和強化が意識され続ける中では、直近安値(1.2358)からの38.20%1.2560レベルまでが戻しの限界か。下の1.2550レベルにはオファーが観測されている。
よって、本日もダウンサイドへ振れる展開を想定したい。目先の焦点は、1.2400ブレイクだろう。尚、このレベルにはオプション(13日NYカット)が観測されている。1.23台の攻防へシフトした場合は、1.2358ブレイクが注目される。尚、1.2350-1.2340レベルにはビッドが並んでいる。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。