リスク選好回帰の週となるか

Market Overview-日米欧株式底入れの兆し

bg_nyse_traders_1389570

17日のグローバル市場はリスク選好優勢の展開に。この日発表された米経済指標が総じて市場予想を上回ったことで、米株は反発。米経済先行き懸念の後退は、投資家のリスク許容度を拡大させると同時に、欧州中央銀行(ECB)による緩和政策も合わさり、米株のみならず主要な欧州&新興国株式も総じて堅調に推移した。
堅調なグローバル株式の動向は米金利の上昇を促し、2年債&10年債利回りは共に上昇。「株高+米金利上昇」を背景にドル円は107円を視野に上値トライの展開に。一方、ユーロドルは米欧金融政策の方向性の違いが意識され、1.27ミドル割れの展開となった。
週明け早朝時間はドル高優勢でオープンし、ドル円は107円台へと再上昇。そのまま東京時間を迎えている。

リスク選好トレンド回帰の週となるか、この点が今週の焦点となろう。鍵を握るのはやはり株式市場の動向だが、日米欧ともに底入れの兆しが出ている点は重要だ。米株は、2011年10頃を起点とした長期サポートラインの維持に成功し、且つVIX指数も今年2月頃の水準まで大幅に低下している。今週発表される企業決算と経済指標が総じて強い内容となれば、米株の底入れ感はさらに強まろう。一方、欧州株式はECBによる緩和強化がサポート要因となろう。
そして国内株式も反発地合いを強める可能性が高い。日本経済新聞は18日、約130兆円の公的年金を保有する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国内株式の運用比率を12%から25%付近まで引き上げる方針と報道。欧米株式が反発色を強め始めているタイミングでのGPIFの運用比率引き上げは、国内株式のサポート要因となろう。

日米欧の株式が底入れ感を強めれば、円相場は総じて円安トレンド優勢の展開となろう。「株高+米金利反発」を背景に円安ドライバーはドル円となろう。目先の上値焦点は108円台への再上昇だろう。一方、ユーロドルは下値を模索する展開を想定したい。22日(水)の米消費者物価指数(9月、CPI)が上振れれば、米金利の反発をさらに促すと同時に、米欧の金融政策の方向性の違いも意識されることで、ユーロドルはサポートポイント1.2600を視野に下落幅が拡大しよう。テクニカル面に関しては「TECHNICAL ANALYSIS HIGHLIGHTS」を参照されたい。

Today’s Outlook -株式にらみの一日

本日は株式にらみの一日となろう。上述したように国内株式は反発地合いを強める可能性があり、アジア時間より円相場は上値トライの展開を想定したい。

ECBの緩和強化を背景に欧州株が続伸し、サポートラインを維持した米株も続伸となれば、米金利への低下圧力がさらに後退することでドル円は108円台へ、ユーロドルは1.26台へ向けドル高優勢の展開となろう。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 108.00:レジスタンスポイント 107.64:基準線(赤ライン)
サポート 107.00:サポートポイント 106.13:10月17日安値

目先は一目/基準線の 突破が焦点となろう。このラインを突破した場合は108円台への再上昇が焦点に。テクニカル面では21日MA(緑ライン)の攻防が更なるドル高への分岐点となろう。107.50から107.80レベル、そして108.00にはそれぞれ厚いオファーが観測されている。一方、下値は106円台の維持が焦点となろう。106.00にはビッドが観測されている。

ユーロドル

レジスタンス 1.2900:レジスタンスポイント 1.2837:10月17日高値
サポート 1.2711:21日MA(赤ライン) 1.2624:10月15日安値

21日MAでの攻防が焦点。ユーロドルをサポートするならば、再び1.29台を目指す可能性が高まろう。逆に下方ブレイクする展開となれば、1.2600を視野に下落幅の拡大を想定したい。1.2850-60、1.2890-1.2900にはそれぞれオファーが観測されている。1.2700、1.2650そして1.2600にはそれぞれ厚いビッドが観測されている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。