米雇用統計、リスクはダウンサイドに

Market Overview-米雇用統計、マーケットへのインパクトは

article_NFP

2日の米株式市場でダウ工業株30種平均とS&P500種株価指数は、好調な雇用指標が好感され共に小幅ながら続伸。ダウ平均は前日比20ドル17セント(0.1%)高の1万6976ドル24セントと、連日で過去最高値を更新した。米株続伸を受け、債券市場では長期ゾーンを中心に利回りの上昇が継続。「株高+金利上昇」を背景にNY外為市場では総じて円安トレンドとなった。また、米金利の上昇を背景にドルの買い戻しも散見された。しかし、本日の米雇用統計(6月)及び欧州中央銀行(ECB)理事会を控えドルショートカバーは限定的。ドル円は101.80前後、ユーロドルは1.36ミドルレベルでこう着したまま、本日の東京時間を迎えている。

円相場はレンジ相場が継続中。このこう着状態打破の鍵を握るのは、やはりイエレンFRBの動向、またはそれに対するマーケットの思惑だろう。昨日、そのイエレン議長は現行の金融政策を維持する方針を改めて表明。しかし、本日発表される雇用統計が市場予想を大きく上回る内容となれば、マーケットは近い将来、イエレンFRBが経済とインフレ見通しを修正する必要性に迫られるであろうとの思惑が台頭する可能性がある。その場合、焦点は米株の動向にあろう。米金利の上昇を受けて尚、最高値圏での攻防が継続すれば、円相場は円安トレンドを強めよう。同時に、昨日のドルインデックスが示すようにドルを買い戻す動きも強まろう。

一方、冴えない内容となった場合はどうか。この場合、考えられるシナリオは2つ。ひとつは、イエレンFRBによる超低金利政策継続が意識され「株高オンリー」のリスクオンとなるシナリオ。この場合、ドルと円(クロス円中心)で売り圧力が強まろう。対照的に、リスク性の高い通貨(資源国・高金利・新興国通貨)では買い圧力が強まろう。

もうひとつは「株安+金利低下」のリスクオフ・シナリオ。米景気回復期待の後退が米株安を招き、グローバル株式市場も同時に不安定化。その結果、米株高が封印していた中東の地政学リスクや新興国リスクが再燃し、安全資産への妙味から米債券市場へ資金が流入。グローバル市場でリスクオフムードが高まれば、外為市場では当然リスク通貨への売り圧力が強まると同時に、円とスイスフランでは買い圧力が強まろう。ドル相場は、景気回復期待の後退によるドル売り圧力とリスク回避のドル買い圧力が相殺し合う展開が想定される。しかし、ドル円に関しては株安による円買い圧力と米金利低下によるドル売り圧力が合わさることで、目先、101円割れが現実味を帯びてこよう。

米雇用統計の好結果が金利変動リスクを引き起こす可能性は否定できないが、米経済指標に素直に反応している直近の状況を鑑みるに、リスクはやはりダウンサイドにあろう。

Today’s Outlook -もう一つの焦点はECBのスタンス

米雇用統計と同時に、本日は欧州中央銀行(ECB)理事会も開催される。ただ、大方の市場参加者が想定している通り、今回の理事会で新たな動きは見られないだろう。

焦点はドラギ会見となろう。足許の経済状況とユーロ高(この点はフランスのバルス首相が昨日けん制)、そして将来のインフレ見通しについて強い警戒感を示し、且つ更なる緩和強化の用意(資産購入)に対する言及があれば、ユーロドルは下値トライの可能性が高まろう。

だが、外為市場の焦点は米雇用統計により集中している。ドラギ総裁がハト派スタンス継続を表明したとしても、雇用統計の結果によっては、ユーロドルはむしろ上昇する可能性があろう。目先のチャートポイントについては、下記「TODAY’S CHART POINT」を参照されたし。

TODAY’S CHART POINT

ドル円

レジスタンス 102.00:レジスタンスポイント 101.93:21日MA
サポート 101.00:サポートポイント 100.75:2月4日安値

下値は101.00の維持、上値は21日MA(チャート画像:赤ライン)の突破が焦点となろう。101.30、101.20レベルには厚いビッドが観測されている。ストップは101.20下&101.10下に観測されている。一方、101.90から102.00にかけてはオファーが観測されている。

 

ユーロドル

レジスタンス 1.3734:5月19日高値 1.3700:レジスタンスポイント
サポート 1.3639:10日MA 1.3608:21日MA

1.3600-1.3700を中心レンジと想定し、上限と下限、どちらをブレイクするかが注目される。1.37台へ上昇した場合は、1.3735レベルが次の焦点として浮上しよう。1.36トライとなった場合、テクニカル面で注目されるのは10日&21日MAでの攻防だろう。これらMAが推移するレベルには、ビッドが観測されている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。