高まる米長期金利の上昇圧力

Overview

20日の海外外為市場でドル円は続伸した。この日の米長期金利は10月下旬にレジストされた2.48%の水準を突破し、一時2.503%を付ける局面が見られた。それに伴い日米利回り格差が拡大したことで、ドル円は113.46と今月13日以来の水準まで上昇した。一方、ユーロドルだが、ロンドン勢が引ける前までは独長期金利の上昇を背景とした米独利回り格差の縮小を背景に1.1901まで上昇する局面が見られた。その後は、上述した米長期金利の上昇を背景に米独利回り格差が拡大傾向へ転じたことで、1.1870前後まで米ドルが買い戻された。

米国株式は主要3指数がそろって下落した。この日は売り買いが交錯する相場となったが、税制改革法案の年内成立を市場はすでに織り込んでいることもあり、終盤に利益確定売り圧力が強まった。NY原油先物2月限は米国の原油在庫の減少が好感され、前日比0.53ドル高の1バレル=58.09と続伸。一方、NY金先物2 月限は対ユーロで米ドルが下落したことを受け、前日比5.4ドル高の1トロイオンス=1269.6と反発した。

bg_us_traders_1486529

Analyst's view

米税制改革法案が21日以降に成立する見通しとなったことを受け、20日の米長期金利は10月下旬にレジストされた2.48%の水準を完全に突破。一時、3月20日以来となる2.50%台まで到達する局面が見られた(チャート①参照)。日米利回り格差との相関性が高いドル円は113円ミドル手前まで続伸した。テクニカル面では、11月の戻り高値114.73を起点とした短期レジスタンスラインの突破が焦点として浮上してきた(チャート②参照)。米長期金利が上昇基調を維持する場合、このラインを突破し114円台を視野に上値トライが継続しよう。ドル円の上値を抑制する要因として注視すべきは、米株の動向だろう。昨日の下落とクリスマス休暇入りというタイミングを考えるならば、金利の急上昇が短期的な利益確定売り要因として市場で捉えられる可能性がある。その場合、「米長期金利の上昇=ドル高」の圧力が相殺され、短期レジスタンスラインもしくは12月12日高値113.74前後で上値がレジストされる可能性がある。だが、リスク回避圧力が強まっている状況ではないため、メインシナリオは114円トライを想定したい。一方、下値の焦点は、日足転換線がサポートラインへ転じるかどうか、この点にあろう。

一方、ユーロドルは2つの短期レジスタンスラインおよび61.80%戻しの突破に成功したことで、テクニカル面では上値トライのムードが強まっている。また、ユーロコールの動向と短期リスクリバーサル(1W / 1M)もユーロ高圧力の高まりを示唆している。76.40%戻しをも突破する場合、次のターゲットは12月1日高値1.1940となろう。一方、下値の焦点は21日MAの維持となろう。このMAは今日現在、1.1828前後で推移している(チャート③参照)。


【チャート①:米10年債利回り】

chart1_20171221


【チャート②:ドル円】

chart2_20171221


【チャート③:ユーロドル】

chart3_20171221

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引プランを使う理由

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。

  • 株取引

    株式なくしては、各国の経済に不可欠な株式市場は成り立たないでしょう。ここでは、株式取引が個人投資家の収入源と大きな資産になる一方、いかに企業の拡大・成長につながるかということを学びます。

  • リスクを管理する方法

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。