40年以上の歴史
世界約185,000名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

焦点は米両院協議会に対する米金利の反応

Overview

6日の海外外為市場は、アジア時間から始まったリスク回避の流れを引き継ぎ、円高優勢の展開となった。ドル円は、欧州時間に安値111.98まで下落する局面が見られた。その後は、日足転換線がサポートラインとして意識されたこともあり、NY時間は112円前半で売り買いが交錯する相場へと転じた。クロス円も総じて円高優勢の展開に。特にカナダ円は、カナダ中銀(BOC)が追加利上げに対してハト派スタンスを示したことで、1%以上下落する局面が見られた(安値:87.67)。円相場とは対照的に、ユーロ相場は引き続き売り優勢の展開となった。ユーロドルは4日続落となり、一時1.1779と11月22日以来の水準まで下落する局面が見られた。

米株は上値の重い展開となった。ダウ平均やS&P500は米政治リスクや利益確定売りに圧され下落。エネルギーセクターの下落も相場の重石となった。一方、ナスダック総合株価指数は買戻し優勢の展開となり、前日比14.16ポイント高の6776.38と4営業日ぶりに反発した。NY原油先物1月限は米ガソリン在庫の増加が嫌気され、前日比1.66ドル安の1バレル=55.96と大幅反落の展開に。一方、NY金先物2 月限は、中東情勢の緊迫化や米連邦債務の引き上げ問題が意識され、前日比1.2ドル高の1トロイオンス=1266.1と小幅に反発した。

bg_chart_674319

Analyst's view

米下院に続いて、上院も税制改革法案を話し合う両院協議会の審議入りを可決した。これにより税制改革案(=トランプ減税)の年内可決の可能性が少し高まってきた。6日の米長期金利(=10年債利回り)は、11月28日以来となる2.314%まで低下する局面が見られた。時間外は2.34%台まで反発しているが、低空飛行状態は継続中。本日の焦点は、NY時間の米金利の動きとなろう。トランプ減税に対する期待が再び高まれば、米10年債利回りには上昇圧力が強まろう。そして外為市場では、米ドル買い優勢の展開となろう。

米ドル買い圧力が強まる場合、注視すべき通貨ペアはユーロドルである。現在のユーロ安の主因はドイツの政治リスクにあり、大連立交渉の決裂と再選挙のリスクが消えるまで軟調地合いが続く可能性がある。テクニカル面では、直近安値1.1552を起点とした短期サポートラインおよび21日MAを下方ブレイクし、下落トレンドが形成されている。このタイミングでトランプ減税に対する期待が高まれば、米10年債利回りは2.4%の水準に向け反発しよう。その過程で米独利回り格差が拡大するとで、ユーロドルは「ユーロ売り / 米ドル買い」の両圧力に直面しよう。この場合、次の下値ターゲットは、直近高値1.1960からの50.00%戻しにあたる1.1756レベル。この水準をも下方ブレイクする場合は、61.80%戻しの1.1708レベルを視野に入れる展開となろう。尚、後者の水準は11月21日に相場をサポートし、1.1960上昇の起点となったポイントである。一方、調整のユーロ買戻しの展開となる場合、本日は日足雲の上限を突破できるかどうか、この点に注目したい。

一方、ドル円は米金利と株式の両にらみの展開となろう。米両院協議会での議論進展に対する期待先行相場となる場合はリスク選好相場(=米金利上昇 / 株高)を背景に、今日現在112.83前後で推移している短期レジスタンスラインをトライする展開を想定したい。逆に米金利の低空飛行が続き、株式でも調整地合い継続となれば、下値攻防分岐の転換線を下方ブレイクする可能性を意識したい。後者の場合、次の下値ターゲットは12月1日安値111.41となろう。テクニカル面では現時点での今年最安値107.31を起点とした短期サポートラインの維持が重要な焦点となろう。


【チャート①:米10年債利回り】

chart1_20171207


【チャート②:ドル円】

chart2_20171207


【チャート③:ユーロドル】

chart3_20171207

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引プランとは

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。

  • CFDの基礎知識

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。

  • CFDの取引方法

    ここでは、IG証券の取引プラットフォームを紹介し、多様な資産クラスを提供するCFDを有効に取引するための方法について説明いたします。また、ストップ注文やリミット注文などの機能、レバレッジ取引の仕組みについても解説いたします。