焦点は米税制改革関連の報道と要人発言

Overview

13日の海外外為市場は、政治リスクを背景に東京タイムから売り圧力に直面していた英ポンドが買い戻される展開となった。対ドルでは欧州タイム以降、1.31台の水準を堅持する展開に。対円では149.08まで反発する局面が見られた。ドル円は、米長期金利の反発基調が継続したことを受け、東京時間の安値113.23から113.65レベルまで反発。ユーロドルは、1.16後半を中心としたレンジ相場となった。

米株は主要3指数がそろって上昇した。ただ、米税制改革案の先行き不透明感が意識され上昇幅は限定的だった。NY原油先物12月限はOPECによる需要見通しの上方修正と利益確定売りが交錯し、前週末比0.02ドル高の1バレル=56.76と小反発した。一方、NY金先物12 月限は、中東情勢の不透明感を意識した買いが優勢の展開に。しかし、外為市場で米ドル買いが散見されたことから、前週末比4.7ドル高の1トロイオンス=1278.9と小幅に反発して終了した。

bg_gbp_5578

Analyst's view

米10年債利回りは、再び2.4%台の攻防へシフトしている。10月下旬にキャップされた2.48%の水準を視野に反発基調を維持出来るかどうか、目先は15日の10月CPIを見極める必要があろう(チャート参照)。ただ米株が反発し、原油先物相場も55ドル以上の水準を維持し続けている外部環境を考えるならば、目先米長期金利が低下する可能性は低い。その可能性を高める材料として注視すべきは、税制改革(=トランプ減税)に対するネガティブな報道だろう。これがなければ、本日の米長期金利は2.4%前後で反発基調の維持が想定される。よって、米ドル相場への低下圧力が強まる可能性も低い。一方、トランプ減税の不透明感を高める報道があれば、米10年債利回りへの低下圧力が強まろう。それに伴い、米ドル相場も上値の重い展開となろう。

米長期金利の変動要因として、本日はFEDスピーカーの言動にも注視したい。日本時間19時にイエレンFRB議長が討論会に出席する。また、22時15分にブラード・セントルイス連銀総裁、翌3時にボスティック・アトランタ連銀総裁による米経済の状況、経済見通しそして金融政策についての講演も予定されている。内容次第で米長期金利が上下に振れる可能性があろう。米ドル相場は米金利の動向に追随しよう。

本日のドル円は、米株高維持、原油先物相場の反発そして米長期金利の2.4%攻防シフトを考えるならば、引き続き113円台を維持する展開を想定したい。一方、5日MAにサポートされたユーロドルは、テクニカル面で日足基準線が推移している1.1716レベルまで反発するかどうか、この点が上値の焦点となろう。一方、下値のそれは1.1550の維持となろう。このレベルにはビッドの観測あり。尚、本日は上述した討論会にドラギECB総裁も出席する。言動次第で先述のチャートポイントをトライする可能性あり。詳細はチャートポイントの分析はテクニカルレポートにて。


【チャート:米10年債利回り】

chart_20171114

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 価格とウエイト

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。

  • トレンド

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • 注文について

    ここでは、IG証券の取引プラットフォームを紹介し、多様な資産クラスを提供するCFDを有効に取引するための方法について説明いたします。また、ストップ注文やリミット注文などの機能、レバレッジ取引の仕組みについても解説いたします。