40年以上の歴史
世界約185,000名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

リスク要因としての中国貿易収支

Overview

7日の海外外為市場は、米ドルの売り買いが交錯する展開となった。欧州タイム序盤は米ドル買い優勢の局面が見られるも、その後米金利が低下し続けたことを受け、対円で米ドル売り圧力が徐々に強まった(チャート参照)。ロンドン勢が引けた後のドル円は113円後半で上値の重い展開に。ドル円の軟調地合いに加え、欧州株安、上値の重い米株の動向を背景にクロス円も総じて円高優勢で推移した。一方、1.15ミドルレベルを維持したユーロドルは1.1590台まで反発する展開となった。米国株式は強弱まちまちの展開となった。ダウ平均は株高基調を維持し、前日比8ドル81セント高の23,557.23と4日続伸。一方、ナスダック総合株価指数は冴えない決算を発表したオンライン旅行関連の株が上値を圧迫し、同18.65ポイント安の6767.78と3日ぶりに反落した。NY原油先物12月限は、サウジアラビア情勢の緊迫化を受けた供給懸念よりも米国での原油増産観測の方が意識され、前日比0.15ドル安の1バレル=57.20と4営業日ぶりに反落した。一方、NY金先物12 月限は前日比5.8ドル安の1トロイオンス=1275.8と小幅に反落して終了した。

bg_japanese_traders_1217749

Analyst's view

米10年債利回りは低下基調を辿り続けている。7日のレポート「米長期金利の低下要因」で指摘したとおり、先月27日以降から続く米金利低下の背景には2つの要因がある。そのうちの一つ、低インフレ懸念の払しょくについては中長期スパンでインフレ指標のデータを確認する必要がある。よって目先、米金利反発の要因として注視すべきはトランプ減税の進捗状況となろう。米下院では今月6日より議会審議に入っている。ライアン下院議長は今月23日の感謝祭までの修正法案可決の見通しを示している。順調に審議が進行すれば、「来月中に上院で可決→年内成立」の期待が市場で意識されよう。この場合、米債券市場では金利に再び反発圧力が強まり、米ドル買いをサポートする展開を想定したい。米株も主要企業の好業績拡大期待を背景に株高トレンドを維持しよう。「米金利反発 / 株高維持」を背景にドル円は115円を目指す展開を想定したい。逆に下院の審議でもたつくならば、トランプ減税への期待がさらに後退することで、米金利は低下基調を辿る可能性が高いだろう。この場合、米ドル安圧力が強まることでドル円の上値を圧迫しよう。

本日のドル円はダウンサイドリスクを警戒したい。下落圧力を強める要因として注視すべきは10月の中国貿易収支(市場予想:391.0億ドル / 前回:286.1億ドル)である。米国の対中赤字がコンスタントに300億ドルを超える状況が続く中、明日の米中首脳会談前に中国の貿易黒字、特に対米黒字が拡大すれば、米通商政策(=米ドル安政策)の促進を市場は意識する可能性がある。具体的なチャートポイントについてはテクニカルレポートを参照されたし。


【チャート:米10年債利回りとドル円】

chart_20171108

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • オートチャーティスト

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • CFD取引

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。

  • 取引の過ち

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。