焦点は米賃金動向

Market Overview

4日の海外外為市場は、米ドル高優勢の展開となった。利上げとインフレ見通しに対するFEDスピーカーのタカ派発言、米株の最高値更新そして米金利の反発も合わさり、NYタイムのドル円は112.40台から112.90手前まで上昇した。ユーロドルはロンドン勢が引けた後に1.17を下方ブレイクする局面が見られた(安値1.1699)。その他のドルストレートも米ドル高の展開となった。

米国株式市場は、税制改革期待を背景に主要3指数がそろって過去最高値を更新した。特にS&P500指数は約4年2か月ぶりとなる8日続伸の展開となった。NY原油先物11月限は前日比0.81ドル高の1バレル=50.79と反発。ロシアとOPECの協調減産が意識された。NY金先物12 月限は外為市場での米ドル高が嫌気され、前日比3.6ドル安の1トロイオンス=1273.2と反落した。

bg_us_employment_1359299

Analyst's view

米議会下院は5日、2018会計年度(17年10月~18年9月)の予算決議案を賛成多数で可決した。税制改革案に向けた審議が一歩前進したことが好感され、5日の米国市場は「株高 / 金利反発」で反応。より注視すべきは米長期金利の反応だろう。10月に入り低下基調にあったが、税制改革期待に反発で反応した事実や9月FOMC後に税制改革期待が盛り上がり、その過程で米10年債利回りが2.3%の水準を突破した事実は、税制改革が低インフレ脱却の有効手段になるとの市場判断がうかがえる。この件について、現在は期待先行でリスクオンとなっている。しかし、現状の税制改革案は下院と上院では開きがあるため、上院共和党と対立する可能性がくすぶる。また、財源確保という根本的な問題が解決されない以上、税制改革期待は今後上下に揺れ動くことになろう。

本日、低インフレ懸念を後退させる要因として注視すべきは9月米雇用統計となろう。特に注目されるのが、前年同月比で2.5%と抑制状態にある賃金の伸びとなろう(チャート①参照)。持続的な雇用増加にもかかわらず賃金の伸びがそれに追随出来ない状況が続くならば「個人消費の拡大→インフレ上昇」という期待が後退し、「米金利低下→米ドル売り」の展開が想定される。逆に賃金の伸びが加速していることが確認されれば、逆の展開を想定したい。

ドル円だが、冴えない賃金動向となっても米ドル安のみならば112円台を維持する公算が高い。株式の調整圧力が合わさるならば、日足一目雲の下限までのトライを警戒したい。一方、上値の攻防分岐は7月高値114.50を起点とした短期レジスタンスラインとなろう。このラインは今日現在113.10レベルで推移している。また、このレベルにはオファーの観測あり(チャート②参照)。一方、ユーロドルだが、米金利低下ならば1.1800をターゲットに反発地合いとなろう。米金利の上昇が続けば、89日MAもしくは直近高値1.2092からの38.20%戻しを視野に下落幅の拡大を想定したい(チャート③参照)。


【チャート①:米国の平均賃金動向】

chart1_20171006


【チャート②:ドル円チャート】

chart2_20171006


【チャート③:ユーロドルチャート】

chart3_20171006

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • CFDの基礎知識

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。

  • 「売り」取引とは

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • マーケット注文(ロット優先)

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。