40年以上の歴史
世界約185,000名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

FOMCにサプライズなし 焦点は指標データへシフト

Market Overview

14日の海外外為市場は米ドルの売り買いが交錯する展開となった。NYタイム序盤は、冴えない米指標データが嫌気され米ドル売りの展開に。ドル円は一時108円台へ突っ込む局面が見られた。一方、ユーロドルは重要レジスタンスポイント1.13をトライする展開となった。その後、FOMCの結果を受け米ドルを買い戻す動きが強まり、ドル円は109.86レベルまで反発。ユーロドルは1.12を割り込む局面が見られた。

米国株式は強弱まちまちの展開に。ダウ平均は金融セクターの収益改善期待が上昇のけん引役となり、前日比46ドル09セント高の2万1374ドル56セントと、連日で最高値を更新。一方、S&P500やナスダックはハイテクセクターの売りに圧され反落した。国際商品市況ではNY原油先物7月限が急反落。米ガソリン在庫が予想外に増加していたことが嫌気され、前日比1.73ドル安の1バレル=44.73ドルと、45ドルを割り込んで終了した。一方、NY金先物8 月限は米ドル安が好感され6営業日ぶりに反発。前日比7.3ドル高の1トロイオンス=1275.9ドルで終了した。

bg_usd dollar united states new 11

Analyst's view

イエレンFRBは6月FOMCで25bpの利上げを決定し、FFレートの誘導目標を0.75-1.00%から1.00-1.25%へ引き上げた。市場の関心事は、今後の金融引き締めペースにあったが、金利予測(ドット・チャート)は前回予測から変わらず3回の利上げ予測(年内あと1回の利上げ予測)を維持した。また、声明では、経済情勢次第で4.5兆ドル規模にまで膨張したバランスシートの圧縮を年内にも踏み切ることを示唆した(100億ドルで開始し1年後に500億ドルになることを目指す)。一見タカ派よりの印象を受けるが、利上げペースに変化がなかった事実を考えるならば、今回のFOMCは市場が織り込み始めている内容の域を出ていない。FOMC後、外為市場は米ドル買いで反応。ただ、今回の買いはFOMC前に発生した急落の反動によるショートカバーの意味合いが強い。FOMC後の米金利上昇が一過性の現象に終わった事実を考えるならば、目先、外為市場では米ドル安圧力が強まる展開を警戒したい。その水準は今後の指標データに左右されよう。
14日に発表された5月CPIコアは、前月比+0.1%と市場予想(+0.2%)を下回った。前年同月比でも+1.7%と、2015年5月以来の伸びにとどまった。イエレン議長はインフレ動向について過剰に反応しないことが重要と述べたが、声明で指摘されたインフレ圧力鈍化懸念が具体的な数値で示されたことで、米金利の唯一の上昇要因である利上げペースの拡大期待が再台頭する可能性は急低下したと言える。また、インフレ動向に大きな影響を与える個人消費でも不透明感が強まっている。5月小売売上高は前月比-0.3%と低迷。同コアも-0.3%と+0.2%増の予想を下回った。「インフレの鈍化=景気回復スピードの鈍化」と考えるならば、個人消費の低迷は整合的と言える。来週にかけて住宅関連指標、最終週は個人消費支出(PCE)が発表される。これら指標データが総じて市場予想を下回るならば、短期レジスタンスラインで見事に上値がレジストされているドル円は下値攻防分岐の108.13レベル、ユーロドルは重要レジスタンスポイント1.1300をそれぞれトライする展開が想定される。


【チャート①:ドル円チャート】

chart1_20170615


【チャート②:ユーロドルチャート】

chart2_20170615

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 注文とは

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。

  • 外国為替の取引方法

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。

  • 外国為替の基礎知識

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。