米国市場は共存関係の再構築なるか

Market Overview

市場はイエレンFRBによる3月の利上げをすでに織り込む展開となっている。米国市場の動向を確認すると、株式市場は高値圏を維持し、米金利は3月利上げ観測を背景に株式とのパフォーマンスかい離を急速に縮小させている(チャート①参照)。このかい離がより縮小し、昨年の大統領選挙後に発生した「共存関係(=株高 / 金利上昇の同時発生)」を米国市場が再構築できるかどうか、この点が今後の焦点となろう。

bg_janet_yellen_1427157

Analyst's view

先月中旬以降、FEDスピーカー達は3月FOMCでの利上げに向けた地ならし発言を連発。3月利上げをメインシナリオとして織り込まざるを得なくなったFF金利先物市場では利上げ確率が急上昇し、最大で約90%まで織り込む局面が見られた。今年に入り不安定な状況へ転じていた米金利には当然のごとく上昇圧力が強まり、米ドル相場との相関性が高まっている10年債利回りは3日に先月15日以来の水準(2.521%)まで上昇する展開となっている。金融政策が主役の相場環境下では、金利の急反発は株式の下落要因だった。しかし、財政政策が主役に躍り出ている現在の相場環境下では、金利の上昇はむしろ株高要因(特に金融セクターの上昇要因)として作用している。
今後の焦点は、米国市場が株高と金利高という共存関係を再構築できるか、この点にあろう。その鍵を握るのは①トランプ政策の行方と②米指標データとなろう。前者に関しては今後の動向をみる必要がある。よって、目先の焦点は後者の方となろう。今週は10日に2月雇用統計が発表される。失業率が5.0%を恒常的に下回る状況を考えるならば「量」の面、つまり雇用者数の大幅な増加は見込めない。よって今後は、「質」の面である賃金動向に市場の焦点が集まろう。賃金の継続的な伸びが確認されるならば、それは米国経済のエンジン役である消費の拡大観測につながる。よって、市場は3月以降もイエレンFRBが段階的な利上げを実施する可能性が高いと判断し、米国市場は共存関係を再構築する可能性が高まろう。そのムードが強まれば、外為市場では欧州通貨や新興国通貨に対し再び米ドル高圧力が強まる展開が想定される。ドル円も目先の重要サポートポイント111.60レベルを維持する底堅い展開が想定される。ただ、米通商政策(=米ドル安政策)リスクが上値の圧迫要因となろう。先週、米国市場が共存関係へ回帰するムードが強まったにもかかわらず、2月15日の戻り高値115.00レベルすらトライできなかったことがその可能性を示唆している(チャート②参照)。今週のドル円の上値焦点は、日足一目雲の突破となろう。ねじれが発生する際、雲が薄くなる局面がある。このタイミングで雲を突破してくる可能性がある。その場合、レンジの上限115.00レベルをトライする展開が想定される。テクニカル面では111.60からの半値戻し115.10レベルの突破が焦点となろう(3月後半は日足雲の上限も115.10前後まで上昇する)。尚、115.00には厚いオファーの観測あり。逆に雲が薄くなるタイミングでも上値がレジストされるならば、111.60-115.00のレンジ相場継続を想定したい。


【チャート①:米株と米金利のパフォーマンス】

chart1-20170306


【チャート:ドル円】

chart2-20170306

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • レバレッジとリスク

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。

  • トレンド

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • IG証券の原油先物取引

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。