検索
40年以上の歴史
世界約185,000名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

トランプ政策の「仕分け」と米ドル相場

Market Overview

16日の海外外為市場は、米ドル売り優勢の展開となった。米国株式市場は引き続きトランプ政策への期待を背景にダウ平均が6日連続で過去最高値を更新(終値:前日比7ドル91セント高の20,619.77ドル)。しかし、S&P500とナスダックが反落する等、これまでの上昇に陰りが見え始めてきた。この点は米国債券市場も同じ。この日は各ゾーンの利回りが急低下した。特に米ドル相場との相関性が高い10年債利回りは2.438%レベルまで低下。株式市場とは違いトランプ政権の政策運営能力に対する警戒感が強いことを示唆する展開となった。米金利の低下は外為市場での米ドル安圧力につながり、ドル円はNYタイムに113.08レベルまで下落。一方、ユーロドルは、今年最高値1.0829を起点とした短期レジスタンスラインの突破に成功し、高値1.0680レベルまで急伸した。
この日の国際商品市況(CRB指数)は軟調地合いとなった。NY原油先物3月は、イラクの輸出増と減産期待が入り交じり往って来いの展開に。終値ベースでは前日比0.25ドル高の1バレル=53.36ドルと堅調さを維持した。

bg_data_1388620

Analyst's view

各市場におけるトランプ政策の仕分けが鮮明となっている。トランプ政権が掲げる主な経済政策は、①大規模減税政策(本国投資法第2弾含む)、②インフラ投資、③規制緩和(金融セクター)そして④通商政策の4つ。①~③は米国内の需要を高めることに直結する。このため米国株式市場は素直に好材料として受け止め、最高値更新のエンジンとなっている。一方④は、言い換えれば米ドル安政策である。トランプ大統領は貿易不均衡(=米国の莫大な貿易赤字)は他国の通貨安政策と資金供給にあると批判し、米ドル高を抑制することで貿易不均衡の是正を加速させていくだろう。また、通商政策の司令塔(=貿易政策を統括する組織)として新たに発足した国家通商会議(National Trade Council, NTC)を率いるピーター・ナバロ氏もトランプ大統領と歩調を合わせ、就任間もなくユーロ安批判を展開した。今年に入り徐々に上値が切り下がっているドルインデックスが示唆する通り、④は米ドル安要因として外為市場で警戒されている。その結果、昨年後半に見られた「米株高 / 米金利上昇 / 米ドル高」のトランプ相場から、米ドルのみが脱落する状況となっている(チャート①&②を参照)。

このレポートで指摘し続けている通り、現在の米ドル相場は米金利の動向がトレンド決定要因となっている。その米金利は再び米株との相関性が高まっているものの、昨日の低下が示唆する通り、株式市場ほど素直にトランプ政策を好感しているわけではない。その点はチャート③が示している。恒常的にプラス圏を維持する米株と対照的なドルインデックスとは対照的に、米金利の振れ幅は大きい。3月FOMCが重要イベントとして浮上している現状を考えるならば、米金利の急低下リスクは後退している。だが、イエレンFRBの利上げは米ドル高に直結するため、トランプ政権との軋轢が生じるリスクがある。市場がこの新たなリスク要因を意識し始めるならば、トランプ大統領によるFRB批判がそのきっかけとなろう。④の米ドル安リスクに加え、新たに「トランプ政権 vsイエレンFRB」というリスク要因も浮上すれば、ドル円の下落圧力は増すだろう。

そのドル円だが、本日は10日MAが攻防分岐となろう。レジスタンスからサポートへ転換すれば、113.00-115.00のコアレンジを形成するフェーズへシフトしよう。一方、このMAを下方ブレイクした場合は、111.60を視野に下落幅の拡大を想定したい。ユーロドルは89日MA(1.0685前後)を突破し、今月8~9日にかけて上値をレジストした1.0715レベルをトライするかが焦点となろう。下値の焦点は5日MA(1.0623前後)がレジスタンスからサポートへ転換するかが注目される。


【チャート①:米ドルと米金利の動向】

chart1-20170217


【チャート②:米ドルと米株の動向】

chart2-20170117


【チャート③:米ドル、米金利、米株の騰落率】

chart3-20170117

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

記事を探す

投資手法・戦略ガイド

  • オートチャーティスト

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • 「売り」取引の方法

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • 価格とウエイト

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。