検索
40年の歴史
世界約152,600名の顧客
10,000以上のCFD銘柄を提供

トランプ会見後の円高に要注意

Market Overview

10日の海外外為市場でも米ドル売り優勢の状況が継続した。トランプ次期大統領の記者会見を控え米国債券市場は小動き。これまで米ドル高を牽引してきた米金利の上昇に陰りが見えていることで、外為市場では米ドルロングを解消する動きが続いた。ドル円は安値115.18レベルまで下落。ユーロドルは1.0607レベルで推移している一目基準線(日足)をトライする状況が続いた(高値1.0626)。円相場は、ドル円の失速や原油価格の下落に伴い米株の上値が圧迫されたことが嫌気され円高局面が散見された。

海外株式動向だが、欧州株式は材料難の中でもリスク選好トレンドを維持。一方、米国株式はトランプ次期大統領の記者会見や原油価格の続落が意識され強弱まちまちの展開に。ダウ平均は終盤に失速し続落した一方、ナスダック総合株価指数は4日連続で過去最高値を更新した。

bg_usd dollar united states new 11

Analyst's view

本日最大のイベントは、トランプ次期大統領の記者会見となろう。会見は、米国東部時間11日午前11時(日本時間12日午前1時)からニューヨーク市内で開く予定となっている。昨年12月15日に予定されていた会見を直前になって延期した経緯があり、一部では今回の会見も実施されない可能性があるとの指摘がある。だが、ツイッター上での一方的なコミュニケーションに批判が巻き起こっている現状を考えるならば、トランプサイドとしてはその批判を封じ込めるためにも今回の会見は実施すると思われる。

大統領選挙後のトランプ次期大統領の言動を確認すると、米国内では雇用の安定と減税(=海外工場の建設を断念した企業への減税)にフォーカスしていることがわかる。よって、今回の会見では米国内の雇用増を軸とした経済促進政策を訴えてくる可能性が高い。大統領選挙期間中に提唱していた本国投資法第2弾も含めた減税政策およびインフラ政策がそれ(=経済促進政策)にあたるが、実現可能な具体策を示すならば米国経済の促進期待が再び強まり「トランプラリー」は再始動しよう。具体的には、再び米金利に上昇圧力が強まることで、今年に入り拡大傾向にある米国株式との乖離が収れんされよう(チャート①参照)。その過程で外為市場では再び米ドル高圧力が強まろう。ドル円は118.66レベル(昨年12月15日高値)、ユーロドルは1.0339レベル(1月3日安値)を視野に米ドル高が進行しよう。

問題は、10日のレポート「トランプラリー VS トランプリスク」でも指摘した強硬な対中政策の言及の有無だろう。トランプ次期大統領は、昨年12月上旬にツイッター上で南シナ海での中国サイドの活動をけん制。また、人事面では新設された国家通商会議(NTC)委員長にカリフォルニア大教授のピーター・ナバロ氏、米通商代表部(USTR)代表に米鉄鋼大手USスチール顧問弁護士のロバート・ライトハイザー氏といった対中強硬派で知られる人物を起用している。これら中国に対する言動と米国経済第一主義を掲げるトランプ次期大統領の思惑を鑑みるならば、中国に対し厳しいスタンスを示す可能性がある。直接的な為替相場への言及はなくとも、中国批判は円高圧力を強める要因となり得る。米国は、2016年4月に公表した外国為替報告書で中国のみならず日本も為替操作国指定の前段階である「監視リスト」の対象に入れている。トランプ次期大統領が中国製品に対する45%の関税強化の実施や就任と同時に中国を為替操作国に指定するとあらためて表明するならば、「次は日本」という連想を背景にこれまでの円安トレンドに調整圧力が強まる可能性は十分にあろう。ドル円チャートを確認すると、変則的ながらも118.60台でダブルトップ形成の可能性が暗示されている。また、デッドクロス(21日MA>10日MA)が示現している点も考えるならば、テクニカル面では調整局面へシフトする可能性が示唆されている(チャート②)。


【チャート①】

chart1_0111


【チャート②】

chart2_0111

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

記事を探す

投資手法・戦略ガイド

  • 取引プランの作成

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。

  • 注文とは

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。

  • マーケット注文(ロット優先)

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。