ユーロ相場が示す市場の焦点

Market Overview

5日の海外外為市場は、ユーロ買い優勢の展開となった。「イタリア・リスク」に対する欧州株式市場の反応が限定されたこと、そして8日のECB理事会が意識されユーロを買い戻す動きが強まり、ユーロドルは大陽線が示現。高値1.0796レベルまで急伸した。ユーロ円も123.19レベルまで急伸し、BREXITショック前の水準を回復した。ドル円は「株高 / 米金利」の上昇を背景に114.77レベルまで上昇する局面が見られた。しかし対ユーロ、資源国&新興国通貨でのドル売り圧力が上昇圧力を相殺。115円トライに失敗後、113.15レベルまで下落する局面が見られた。

他の市場動向だが、米国株式市場ではトランプ政策への根強い期待とこの日発表された11月の米ISM非製造業景況指数が市場予想を上回ったことでダウ平均が過去最高値を更新。各ゾーンの米金利も反発した。一方、NY原油先物相場(WTI)は減産合意後の反発基調を維持し4日続伸。期近の1月限終値は前週末比0.11ドル高の1バレル51.79ドルとなった。

bg_italy_flag_1215087

Analyst's view

ドル円相場は115円トライの状況が続いているが、米ドル相場の方向性を示すドルインデックスは3日続落。その結果、米10年債利回りとの乖離が生じ始めている(チャート①参照)。ドル高圧力が後退の兆しを見せ始めている要因は何か?と考えた場合、答えは米国外にある。何故なら、米国市場における「株高 / 金利上昇」の共存関係は継続中だからだ(チャート②参照)。
では、米国外の要因とは何か?その答えは欧州にある。昨日、イタリア国民投票の結果を受けレンツィ首相が辞意を表明したが、ユーロ相場は対ドル&円でむしろ上昇した。また、選挙結果が判明する前より、ユーロドルは2015年以降の重要サポートポイントである1.05レベルを堅持する状況が続いていた。さらに米大統領選挙前より独連邦債利回りが0%以上の水準を維持する状況へ転じていた点も考えるならば、ドル高圧力を後退させている米国外の要因は欧州の金融政策、具体的にはドラギECBによる緩和縮小(=テーパリング)観測にあろう。

8日にECB理事会が開催されるが、緩和強化(=期間延長)を決定する可能性が指摘されている。ただ、今夏以降のドラギ総裁の言動を鑑みた場合、同時にテーパリングを示唆する可能性がある。ドラギ総裁が会見で近い将来のテーパリングシグナルを発信してくれば、ユーロドルの1.05堅持が示す通り市場はそちらの方(=テーパリングシグナル)に強く反応しよう。それは、欧州債市場での金利上昇(=欧州債売り)要因となろう。そして欧州債売りの影響は、期待先行で急落した米国債の買戻しを誘発する可能性が高い(=欧州債から米国債への資金シフト)。欧米債券市場でそのような展開となれば、ユーロドルを震源地とした米ドル高の調整地合いが強まる展開が想定される。

その場合、ドル円の方向性は株式動向次第となろう。米株が堅調さを維持する限り、下値トライとなっても株高が米ドル売りの相殺要因となり下落幅は限られよう。しかし、欧州金利の上昇が欧州株安を誘発し、それが最高値圏にある米国株式の調整圧力を強めるならば、節目の110.00トライの展開が想定したい。


【チャート①:ドルインデックスと米10年債利回り】

chart1_1206


【チャート②:米S&P500 / 米10年債利回り】

chart2_1206

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 外国為替の基礎知識

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。

  • 先物

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。

  • リスクを管理する方法

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。