ドル高回帰は来週以降の米指標データ次第

Market Overview

週明けも原油価格が買戻し基調を維持したことが好感され、7日の海外外為市場では資源国&新興国通貨を買い戻す動きが続いた。一方、ドル相場は対資源国通貨での売りやユーロの買戻し圧力に圧され、軟調地合いが継続。ドルインデックスは4日続落の展開となった。2月23日以降、相場をサポートし続けている21日MA(97.05前後)を下方ブレイクすれば、2月11日安値(95.23レベル)を視野に下落幅が拡大する可能性が出てこよう。
軟調なドルストレートはクロス円のサポート要因となり、この日のロンドンタイム後半からNYタイム中盤にかけての円相場は、クロス円を中心に円安優勢の展開となった。一方、ドル円(USD/JPY)は113円台でのこう着状態が続いた。

チャート

Analyst's view

原油価格(WTI)はついに重要レジスタンスポイントである38ドルレベルへの到達に成功した(下図チャート参照)。テクニカル面ではダブルボトムを完成したことになる。次の上値ターゲットである43.30レベル(昨年11月下旬に3日連続で上値がレジストされた経緯あり)を一気に目指す展開となれば、国際商品市況(CRB指数)も追随することでグローバル株式はより安定化しよう。

一方、外為市場だが、直近はリスク選好優勢にもかかわらずドル安基調となっている。①ユーロのショートカバーがポンド買い圧力を誘発していること、②堅調な国際商品市況を背景に資源国&新興国通貨を買い戻す動きが継続していること、③本邦輸出企業による円高ニーズが高まっていること、これら要因が同時に発生しているがためにドル高圧力が相殺されていると考えられる。ただ、国際商品市況と株式市場の反発を背景に米金利も反発基調にある点を考えるならば、ファンダメンタルズ的にはいつドル高へ転じてもおかしくない。そのきっかけは、やはり良好な米指標データとなろう。今週は重要指標データの発表が予定されてないことから、ドル高へ回帰するかどうかは少なくとも来週まで待つ必要があろう。よって、USD/JPYは引き続き111.00-115.00のレンジ相場を想定しながも、常にダウンサイドリスクを警戒したい。

尚、欧州中央銀行(ECB)理事会後のドル高回帰を指摘する声が出てきそうだが、2月11日から3月上旬にかけてのユーロ安(対ドル)は、ドラギECBによる緩和強化策が相当程度織り込まれていることを示唆している。テクニカル面でも反発基調にある点を考えるならば、預金ファシリティの大幅な引き下げ(10bp以上?)と量的緩和(QE)の技術的変更(=期間の大幅な延長&月額買い入れ額の大幅な拡大)をしない限り、ECBイベントはユーロのショートカバーを加速させる要因なるとの警戒感を抱いている。

【WTI日足チャート】標準誤差回帰分析バンド

原油チャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 価格とウエイト

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。

  • CFD取引

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。

  • オートチャーティスト

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。