米FOMCを受けた米株の反応を注視

Market Overview -米FOMCを前に外為市場はレンジ相場

米株

原油相場(WTI4月限)が6日続落し、冴えない米指標データが続いたことを受け米金利は小幅に低下。外為市場では対ユーロでドルロングを調整する動きが散見された。EUR/USDは1.0651レベルまで反発。しかし、米欧の金融政策のコントラストを背景にそれ以上のフォロースルーは見られず。他のドルストレートも売り買い交錯のレンジ相場が継続した。

一方、円相場はドルストレートでのドル買いとダウ平均 / S&P500の反落を受け、クロス円を中心に円高優勢の展開に。ドル円は、ドル買いとクロス円の下落に挟まれ121円前半でこう着したまま、本日の東京時間を迎えている。

Today’s Outlook -焦点はFOMCを受けた米株の反応

今回の米連邦公開市場委員会(FOMC)で警戒すべきは、タカ派リスクにあろう。イエレンFRBが6月利上げのシグナルを発信してきた場合、注視すべきは米株の動向だろう。
米早期利上げ懸念を背景に不安定化している米株とは対照的に、日欧株式では上値トライのムードが強まっている。背景にあるのは日欧緩和マネーの存在だ。この存在が重要なのは、日欧株式のサポート要因としてだけではなく、イエレンFRBが超えるべき金融正常化のハードルを確実に下げる役割も果たしているからだ。FOMC後に米株が下落しても、スタビライザーとして日欧緩和マネーが米国株式市場をサポートすれば、その「トレンド化」は阻止されよう。結果、世界的な株高も維持され、USD/JPYは2007年6月に付けた天井124.15レベルを視野に上昇圧力が強まろう。
逆に米株の下落が「トレンド化」すれば、米金利のみの上昇を背景に短期的にリスク回避のドル高(対円以外でのドル高)の展開となろう。一方、円相場は株安に反応し、クロス円を中心に円高圧力が強まろう。

日欧緩和マネーが、米国マーケットに与える効果は他にもある。それが、米金利の変動(急上昇)リスクの軽減効果だ。日欧の緩和政策により、利回りと流動性の面から米債投資の妙味が相対的に高まっており、米株が上値トライとなっても米債買いにより米金利は緩やかな上昇トレンドを描くことが想定される。

だがこの点についても、米株の動向次第でドル安リスクを強める可能性があるため要注意。FOMC後、米株の下落が「トレンド化」した場合、投資妙味とリスク回避圧力が合わさることで米金利への低下圧力が一気に強まろう。低水準での攻防が続いているとはいえ、ドル相場上昇の土台となっているのは米金利の上昇である。その土台が米株下落の「トレンド化」で崩れる事態となれば、中長期的にドル安圧力を強めよう。「株安+米金利低下」となれば、USD/JPYは115.50レベルを視野にドル安圧力が急速に強まる可能性があろう。

Technical analysis highlights

レジスタンス 122.50:レジスタンスポイント 122.03:3月10日高値
サポート 120.57:リトレースメント23.60% 119.40:サポートライン

引き続き121.00-122.00を中心レンジと想定。FOMC後、122円台へ再上昇するか、それともサポートラインを下方ブレイクするかが注目される。
尚、直近のオーダー状況を確認すると121.75、121.80、122.00にはオファーが観測されている。ビッドは121.00、120.80、120.50レベルにそれぞれ観測されている。また、120.20下にはストップオーダーあり。

3/18 USD/JPY 日足チャート

EUR/USD

レジスタンス 1.0716:リトレースメント23.60%戻し 1.0700:レジスタンスポイント
サポート 1.0450:サポートポイント 1.0400:サポートポイント

FOMC後、短期レジスタンスラインとクロスしているリトレースメント23.60%戻しを突破するか、それとも目先のサポートポイント1.0450レベルを下方ブレイクするかが焦点となろう。
直近のオーダー状況を確認すると1.0680、1.0700、1.0720そして1.0750にはオファーが観測されている。ビッドは、1.0530-20、1.0500にはビッド、1.0450 & 1.0400にはビッドとオプションバリアが観測されている。

3/18 EUR/USD 1時間足チャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 料金設定とファンディングコスト

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。

  • CFDの基礎知識

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。

  • リスクを管理する方法

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。