「綱引き」はリスク選好優勢に

Market Overview-改善傾向続くリスクセンチメント

bg_stock crash equities 2

23日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は5日続伸しただけでなく、終値ベースで初めて節目の1万8000ドルを超えて過去最高値を更新。S&P500種株価指数も前日比0.3%上昇の2084.18と、こちらも最高値を更新した。米株復活を背景に金利も緩やかな上昇トレンドを辿っている。特に米金融政策の方向性に敏感な2年債利回りは昨日、0.74%付近まで上昇した。米金利の上昇は外為市場でのドル高圧力を強め、ドルインデックスは節目の90.00を上方ブレイク。ドル円は120円台を回復し、ユーロドルは年初来安値1.2164レベルまで下落した(ドル高が進行した)。

筆者の想定よりも早くリスク選好トレンドへ回帰するムードが強まっている。きっかけは、先週半ば以降、ロシアリスクが一時的に後退していること、且つそのタイミングでバランスの取れた米連邦公開市場委員会(FOMC)声明が公表されたことだった。実際、投資家の不安心理を表すVIX指数は16日以降低下基調を辿っている。だが、今後も原油価格の不安定化が懸念されること、そしてクリスマス休暇の週であることを考えるならば、今日以降再び株式&外為市場で調整色が強まる可能性を意識しておくべきだろう。

昨日公表された7-9月期実質国内総生産(GDP、確定値)は前期比年率5%増と、2003年第3四半期以来の堅調な伸びを見せた。企業の生産活動の拡大(好調なISM指数)、労働市場の回復(強い雇用統計)そしてマクロ面での経済成長(上方修正されたGDP改定値)が相次いで確認されたことに加え、欧州中央銀行(ECB)による1月緩和強化観測が日に日に強まっている点も考慮するならば、来週以降、本格的にリスク選好へ回帰すると想定する。その過程で米金利も緩やかに上昇することで、ドル円は重要レジスタンスポイント121.86トライとなろう。ユーロドルは1.20台の攻防へシフトする展開を想定している。また、新興国通貨ではフラジャイル5、特にインドルピー、インドネシアルピアそしてトルコリラといった通貨は対ドルで下落幅が拡大する可能性が高いだろう。ブラジルレアルは中央銀行の介入度合が強く、レアル安が進行すれば介入の可能性が強く意識されよう。一方、ロシアルーブルは制裁と不安定な原油相場が政府・中銀の介入策を凌駕し、対ドルで再び下値を模索し始めると想定している。

Today’s Outlook -レンジ相場を想定

海外勢がクリスマス休暇に入るため、本日はアジア時間の動向に注視したい。米国株式の反発に伴いグローバル株式市場が安定化しつつある点を考慮するならば、本日の日経平均は底堅い展開が想定される。

円相場では円安優勢の展開を想定したい。ただ、市場参加者が限られることから値幅は限定的となる可能性が高いだろう。ドル円は120.50-121.00を中心レンジと想定し、121円台へ再上昇するかが注目される。一方、ユーロドルは1.2150-1.2250を中心レンジと想定し、1.2100を目指すか注目される。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 121.86:年初来高値 121.00:12月9日高値
サポート 120.00:サポートポイント 118.50:短期サポートライン

上値は121円台への再上昇、下値は120円台の維持が焦点となろう。グローバル株式市場に安定化の兆しが見え始めている点を鑑みるに、ボリンジャーバンドの上限(緑ライン、σ:2.0、MA:21)を突破し、121.00トライとなる可能性の方が高いだろう。尚、121.00にはオファーが観測されている。

ユーロドル

レジスタンス 1.2302:12月19日高値 1.2246:12月23日高値
サポート 1.2164:12月23日安値 1.2100:サポートポイント

さらなるユーロ安/ドル高を想定したい。目先は、1.2150-1.2164のサポートゾーンを下方ブレイクするかが焦点となろう。1.21ミドル割れとなれば、ビッドが観測されている1.2100が次の焦点として浮上しよう。一方、上値だが、米欧の金融政策のコントラストが意識されている状況では、1.2300レベルまでの戻りが限界か。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引プランの作成

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。

  • 一般的なチャート

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • 外国為替の基礎知識

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。