リスク回避のドル高/円高も

リスク回避のドル高/円高も

bg_stock crash equities 4

Market Overview-不安定化続く株式市場>

15日の海外外為市場は円高優勢の展開となった。下げ止まる兆しが一向に見えない原油相場が米国株式市場を圧迫し、ダウ工業株30種平均とS&P500は続落。主要な欧州&新興国株式市場も総崩れとなった。グローバル株式市場の不安定化は外為市場での円買い圧力を強め、ドル円は117.56レベルまで下落した。クロス円も総じて円高優勢の展開となった。

一方、株安によるリスクセンチメントの悪化は新興国通貨売りを促し、ドル相場は堅調に推移。特にロシア・ルーブルは対ドルで最安値を更新した。また、米連邦公開市場委員会(FOMC)への警戒感から米金利が小幅に上昇したこともドル相場をサポートし、ドルインデックスは反発。ドル円は117.70前後、ユーロドルは1.24ミドル前後で本日の東京時間を迎えている。

昨日のニューヨーク原油先物相場は、一時1バレル55ドル台前半と約5年7カ月ぶりの安値圏へと下落した。急速な原油安を背景にグローバル株式市場での調整相場が継続している。この状況をさらに加速させる要因として、目先は下記で述べているFOMCの動向に注視すべきだろう。イエレンFRBのタカ派スタンスが本日も意識されれば、外為市場では対新興国通貨を中心に「リスク回避のドル高」となろう。

Today’s Outlook FOMCと経済指標にらみの一日

FOMCの動向を見極めたいとの思惑から、本日はレンジ相場の一日を想定したい。ただ、リスク要因として注視すべきは米金利の動向だろう。グローバル株式市場が不安定化しているタイミングで、イエレンFRBのタカ派スタンス転換に対する警戒感を背景に米金利の反発基調が継続すれば、投資家のリスクセンチメントをさらに悪化させよう。グローバル株式市場での不安定化が継続すれば、外為市場では円高が進行しよう。ドル相場は、上述した通り「リスク回避のドル高」を想定したい。

一方、本日はアジア時間より経済指標にも注目したい。日本時間10時45分に中国の HSBC製造業購買担当者景気指数(12月、PMI)速報値が発表される。株安の中、同国の景気減速を示す内容となれば豪ドル相場の圧迫要因となろう。

欧州時間は欧州各国の製造業&サービス部門購買担当者景気指数(12月、PMI、速報値)と独ZEW景況感調査(期待指数)に注目したい。総じて前回よりも改善の見通しとなっているが、ドルロングの調整が継続する中、市場予想以上の内容が続けばユーロドルは1.2500に向け反発しよう。だが、欧州中央銀行(ECB)の緩和強化が意識される状況下ではユーロ買いは限定的となろう。

NY時間は米住宅関連指標に注目が集まろう。住宅市場の改善傾向が確認されれば、米株の反発要因となろう。米金利への低下圧力も後退することでドル高優勢の展開を想定したい。ただ、FOMCの動向を見極めるまでは上下に大きく振れる可能性は低いだろう。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 119.57:一目/転換線(15日現在) 119.00:レジスタンスポイント
サポート 117.00:サポートポイント 116.80:短期サポートライン

グローバル株式市場の不安定化は継続。よって、本日も円高リスクを警戒したい。目先の焦点は、10月15日安値105.20を起点とした短期サポートラインの攻防だろう。今日現在、ビッドが観測されている117.00下の116.80前後まで上昇している。このラインをも下方ブレイクした場合、株式市場がさらに不安定化している可能性が高い。よって、さらなる円買いを想定し、次のサポートポイントとして121.86からの38.20%戻し115.50レベルまでの円高を警戒したい。上値は転換線(緑ライン)の突破が焦点となろう。尚、朝方のオーダー状況を確認すると、119.25から119.50レベルにかけてはオファーが観測されている。117.50から117.00にかけてはビッドが断続的に並んでいる。

ユーロドル

レジスタンス 1.2531:11月26日高値 1.2500:レジスタンスポイント
サポート 1.2362:12月10日安値 1.2300:サポートポイント

引き続き1.2360-1.2500のレンジ相場を想定したい。ユーロ圏経済指標が総じて強い内容となれば、ポジション調整を背景に1.25台への再上昇の可能性が高まろう。ただ、マーケットの関心はFOMCに向いている。イエレンFRBのタカ派スタンス転換への警戒感は根強く、1.25ミドルレベルを突破することは難しいだろう。尚、朝方のオーダー状況だが、1.2485&1.2500にはオファーが観測されている。ビッドは1.2350レベルに観測されている。

 

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • CFD取引

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。

  • 技術的な過ち

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • リスクの種類

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。