ドル高トレンド加速の焦点は米金利に

Market Overview-焦点は米金利の動向

bg_us_dollar_1205681

米ドルの総合的なトレンドを示すドルインデックスは、約6年ぶりの高値圏へと上昇。そのドルインデックスとの相関性が強まっているドル円も2007年7月以来となる121円台の到達に成功した。今週もこのドル高トレンドが継続するかどうか、その鍵を握るのは米金利の動向となろう。

先週発表された米重要経済指標は総じてファンダメンタルズ改善を示す内容が続いたが、中でも注目すべきは、やはり雇用統計の内容だった。非農業部門の雇用者数は32.1万人と2012年1月以来約3年ぶりの高水準となった(前月:20.9万人→24.3万人に上方修正)。また、失業率が3ヵ月連続の6.0%割れとなれば、市場が注目していた時間当たり賃金も0.09ドル増と、昨年6月以来の大幅な伸びを記録した。ただ、後者に関しては前年比で+2.1%と未だ緩慢な伸びにとどまっており、米早期利上げ観測を急速に台頭させるには未だ力不足といったところか。だが、今週後半に発表される小売売上高(11月)をはじめとした各重要経済指標が引き続き市場予想を上回るならば、労働市場における持続的な改善とそれに伴う賃金インフレへの期待が強まろう。そのような期待が強まれば、低空飛行が続いてきた米金利は来年6月前後の利上げを意識し、徐々に上昇する可能性が高いだろう。結果、現在のドル高トレンドが維持する可能性も高まろう。

ECB理事会では量的緩和の導入を先送りしたものの、ドラギ総裁の発言内容を鑑みるに来年1月or3月の理事会での導入はほぼ決定的だろう。通常ならば、最新の経済見通しが発表される3月の理事会で導入を決定する可能性が高い。しかし、2011年12月及び2012年2月に実施した長期流動性オペ(LTRO)の返済期限が2015年1月29日と2月26日に予定されていることを考えるならば、バランスシートの拡大を維持するために1月の理事会でドラギECBが動く可能性も否定できない。どちらにしても、日欧が米FEDに代わり新たな緩和マネーの供給源としての役割を果たすことになるならば、米国をはじめとしたグローバル株式市場は米金融引き締めショックによる混乱を回避できよう。また、円売り要因として今週は選挙戦の報道にも注目したい。自民党優勢の報道内容が続くならば、アベノミクス継続への期待感を背景に株高維持の公算が強まろう。「株高維持+米金利上昇」の展開となった場合の焦点は、やはりドル円の動向だろう。具体的には2007年の大天井124円台に向け上昇スピードが加速するかが注目される。


Today’s Outlook -株式&米金利にらみ

アジア時間の円相場は株式にらみの展開となろう。米ファンダメンタルズの持続的な改善と堅調な欧米株式の動向を背景に国内株式でも高値圏での攻防が続けば、円安優勢の展開が想定される。

海外時間は、上述の通り米金利の動向に注目したい。株高に加え、先週の堅調な米経済指標の結果を背景に米金利も緩やかな上昇トレンドを維持すれば、ドル円がけん引役となり、円相場全体で円安トレンドが加速しよう。
尚、経済指標では7-9月期の日本実質国内総生産(GDP、改定値)と11月の中国貿易収支に注目したい。


Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 122.00:レジスタンスポイント 121.69:12月5日高値
サポート 121.00:サポートポイント 120.79:リトレースメント23.60%戻し

株高傾向は今後も維持する公算が大きい。よって、調整の円買いが入っても下値は限定的だろう。目先は、121円台維持が焦点。120円台の攻防へとシフトすれば、過去1週間高安のリトレースメント23.60%での攻防に注目したい。
一方、上値は122円台への到達が焦点となろう。「株高+米金利上昇」の展開となれば、その展開を意識したい。

ユーロドル

レジスタンス 1.2456:12月4日高値 1.2400:レジスタンスポイント
サポート 1.2271:12月5日安値 1.2200:サポートポイント

ユーロドルも米金利の動向次第でトレンドが左右されよう。下値の焦点は1.2200トライ。一方、上値の焦点は4先週4日高値1.2450レベルを突破するが注目される。だが、ユーロショートカバの展開となっても、米欧の金融政策のコントラストが根底にある限り、それは一時的なものとなろう。一目/遅行線(チャート画像:青ライン)もその点を示唆している。よって、ユーロドルは引き続きユーロ売り・ドル買いスタンスで臨みたい。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 商品の基礎知識

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • レバレッジと証拠金

    ここでは、IG証券の取引プラットフォームを紹介し、多様な資産クラスを提供するCFDを有効に取引するための方法について説明いたします。また、ストップ注文やリミット注文などの機能、レバレッジ取引の仕組みについても解説いたします。

  • リスクを管理する方法

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。