円安の流れは変わらず

Market Overview-衆院解散も円安トレンド継続

bg_data_1384060

18日海外時間の外為市場はドルロング調整地合いとなった。この日発表された11月の独ZEW景気予測指数が市場予想以上に改善したことを受けユーロドルが上昇した。また、米株高が継続する一方、その株高に追随出来ない米金利の状況、つまり「株高オンリー」のリスク選好もドル売りの一因となった。しかし、下落幅は限定的。ファンダメンタルズの改善とイエレンFRBによる金融引き締め観測を背景に、中長期スパンでのドル高トレンドは今後も続く可能性が高いだろう。

一方、円相場は、安倍晋三首相の会見を受け上下に振れる場面は見られたものの、欧米株式に加え新興国株式も堅調に推移したことでNY時間では再び円売り圧力が強まった。ドル円は117円台に到達する局面が見られた。ユーロ円も2008年10月以来となる146.70レベルまで上昇した。

安倍晋三首相が消費再増税の先送りと21日の衆院解散を表明した後の円相場は、上下に振れる展開となった。しかし、ドル円は117円台を目指す展開は変わらず。ユーロ円に至っては上述の通り。豪ドル円も102円台へ到達すれば、早期利上げ観測が後退している英ポンドも昨日のNY時間では対円で再び円売り優勢の展開となった(対ドル&ユーロではポンド売り優勢)。昨日の値動きが示唆するのは、円相場のトレンドは結局のところ海外の経済動向次第ということだ。株式、特にリスク選好の先導役である米国株式が崩れない限り、円安トレンド継続の見通しに変化はない。

Today’s Outlook -米イベント(経済指標/FOMC議事録)にらみ

解散が決まったことで、今後政局絡みの論点は世論の支持率となろう。各社が報道する与野党の支持率動向が国内株式動向の変動要因となろう。与党の支持率が日を追うごとに低下傾向を辿り選挙前に過半数割れが確実な情勢となれば、筆者が考える「国内政局=株高・円安」シナリオは脆くも崩れよう。ただ、低迷している野党の支持率や準備不足(野党再編、野党間の候補者調整の遅れ)が露呈している現状を考えるならば、与党過半数割れはベースシナリオではない。円安トレンドの継続やグローバル株式市場が堅調に推移している状況も鑑みるならば、本日以降の国内株式は17000円台を挟み堅調に推移する可能性があろう。

本日アジア時間の焦点は、日銀金融政策決定会合後の黒田総裁の会見だろう。国内政局に対する批判的な言動が見られれば、政府・日銀間の「足並みの乱れ」を背景に一時的に円を買い戻す動きが散見される可能性がある。ただ、そのような展開となっても米国株式が崩れない限り円買いは一時的だろう。

米株高維持の鍵を握るのは経済指標となろう。日本時間22時30分に米住宅関連指標が発表される。総じて市場予想を上回れば、米株は高値圏での攻防を維持しよう。また、翌4時に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(10月28-29日開催分)の内容にも注目したい。早期利上げの可能性を示唆する内容となればタカ派寄りと捉えられ、米金利の反発とドル高を誘発しよう。資源国通貨や新興国通貨は対ドルで売り優勢となろう。堅調な米経済指標とタカ派バイアスのFOMC議事録が合わされば、ドル円は117円台の攻防へとシフトする可能性が高まろう。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 117.25:レジスタンスポイント 117.05:11月18日高値
サポート 116.30レベル:短期サポートライン 115.80レベル:短期サポートライン

引き続き117円トライを想定。安倍首相会見後も116円台を維持したこと、そして堅調な欧米株式動向も鑑みるに、米経済指標とFOMC議事録の内容次第では、117円台の攻防へシフトする可能性があろう。逆に調整色が強まった場合は、2本の短期サポートラインの維持が焦点となろう。
尚、朝方のオーダー状況だが、117.25&117.50レベルには厚いオファーとオプションバリアが観測されている。116.00、115.80そして115.00レベルにはビッドが観測されている。

ユーロドル

レジスタンス 1.2623:一目/基準線 1.2577:11月4&17日高値
サポート 1.2400:サポートポイント 1.2358:11月7日安値

1.2500を挟んでのボックス相場が継続中。米欧の金融政策のコントラストを考えるならば、1.24割れを常に意識しておきたい。ただ、ユーロショートが積み上がっている状況を考えるなら、米金利に低下圧力がかかる状況下では上値トライとなろう。テクニカル面での焦点は日足の一目/基準線トライが目先の焦点となろう。
尚、朝方のオーダー状況だが、1.2580-1.2600にはオファーが並んでいる。ビッドは1.2400、1.2450レベルにそれぞれ観測されている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • CFD取引

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。

  • 一般的なチャート

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • リスクの度合いを測る

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。