欧米経済指標とG20にらみ

Market Overview-気になる新興国市場

bg_EU flag 260814

13日の海外外為市場は、ダドリー・ニューヨーク連銀総裁のハト派発言や米金利低下を受け、ドル安優勢の展開となった。ユーロドルは対ポンドでのユーロ高の影響も重なり、1.2492レベルまでユーロ高/ドル安が進行した。ただ、1.2500突破に失敗し続けている事実は、米欧金融政策のコントラスト(方向性の違い)が外為市場で根強く意識されていることを示唆している。米ドルの総合的なトレンドを示すドルインデックスの下落幅が限定的だった点も鑑みるに、ドル相場の堅調地合いは今後も継続する可能性が高いだろう。

一方、円相場は引き続き円安優勢の展開となった。堅調な欧米株式動向に加え、解散総選挙&消費税引き上げ延期観測も円安トレンドをサポートした。

昨日は、米国株式市場でダウ平均が2営業日ぶりに過去最高値を更新した。しかし米金利は、原油価格低下に伴う低インフレの継続観測と低調な30年債入札を受け低下。米株高に米金利が追随出来ない「株高オンリー」の状況がドル売りを誘発したかたちとなったが、気になるのは資源国&新興国通貨の動向だ。「株高オンリー」の状況にもかかわらずUSD/CADはむしろ堅調に推移。USD/BRLやUSD/MXNも同様の展開に。変動相場制に移行後も、USD/RUBでのRUB売り優勢地合いも継続している。CAD売りの背景にはKeystone Pipeline project投票の延期や原油価格の下落、BRLのそれには新財務相人事を巡る不透明感、RUBのそれにはウクライナ情勢と、個々のネガティブ要因が影響している。だが9月以降のAUDやNOK(資源国通貨)の動向や、米株高とは対照的な新興国株式市場の軟調地合いも鑑みるに、これら共通の要因として意識すべきはやはり米引き締め観測だろう。

現状、米国マーケットが堅調に推移していることから、新興国市場を震源地としたリスク回避ムードが拡散するムードは感じられない。しかし今後は、イエレンFRBによる引締め政策がより意識されるフェーズへとシフトする。その過程で、今年はじめに発生した新興国市場を震源地としたリスク回避相場が再来する可能性があろう。それを抑え込む鍵は、やはり欧州中央銀行(ECB)の動向にあろう。日欧緩和マネーがグローバル市場を支える構図が確認されるまで、新興国市場、特にファンダメンタルズが脆弱(経常赤字、財政赤字、慢性的な高インフレ)な市場では不安定な状況が続く可能性が高い。


Today’s Outlook -欧米経済指標とG20にらみ

本日は欧米経済指標にらみの展開となろう。日本時間16時以降、ドイツ、フランスそしてユーロ圏の7-9月期域内総生産(GDP、速報値) が発表される。そして22時30分以降、10月の米小売売上高を皮切りに米経済指標が順次発表される。
ユーロ圏GDPで域内経済の厳しい現状が浮き彫りとなれば、ユーロドルは1.2500をレジスタンスに下落幅を拡大させよう。だが、米経済指標が総じて市場予想を下回れば、1.24台は維持する展開を想定している。逆に米小売売上高や11月のミシガン大学消費者態度指数・速報値が総じて良好な内容となれば、米欧のファンダメンタルズ格差と金融政策のコントラストが意識され、1.2400割れをトライする展開を想定したい。
尚、15-16日にオーストラリア東部のブリスベーンで20カ国・地域(G20)首脳会議が開催される。日銀の緩和政策に対して各国(特に米国)から理解が示されれば、来週以降も円安トレンドは継続する可能性が高まろう。


Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 116.50:レジスタンスポイント 116.10:11月11日高値
サポート 115.60:短期サポートライン 114.98:リトレースメント50.00%

上値の焦点は116円台の再上昇で変わらず。116.00にオファー、116.20&116.50には厚いオファーとオプションバリアの観測がある。下値は115円台の維持が焦点となろう。短期サポートラインは115.60前後とクロス。リトレースメント50.00%レベルが位置している115.00レベルにはビッドが観測され始めている。

ユーロドル

レジスタンス 1.2577:11月4日高値 1.2510:11月10日高値
サポート 1.2358:11月7日安値 1.2300:サポートポイント

1.2500がレジスタンスとてユーロの上値を抑え続けている。ECBによる緩和強化が意識され続ける中では、直近安値(1.2358)からの38.20%1.2560レベルまでが戻しの限界か。下の1.2550レベルにはオファーが観測されている。
本日の米欧経済指標次第では、1.2400トライの展開を想定したい。1.23台の攻防へシフトすれば、直近安値1.2358での攻防が焦点として浮上しよう。尚、1.2350-1.2340レベルにはビッドが並んでいる。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • レバレッジ取引を行う

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。

  • 外国為替の取引方法

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。

  • 「売り」取引の方法

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。