米独金利が示すユーロドルの未来

Market Overview-対照的な米独金利

bg_chart_470658

週明けのグローバル株式市場は、リスク選好トレンドが継続した。米国株式市場では、S&P500が取引時間中に初めて節目の2000を突破。ダウ工業株30種平均も7月24日以来となる高値水準まで上昇する等騰勢を強めた。一方、主要な欧州株価指数も欧州中央銀行(ECB)による緩和強化観測がサポート要因となり堅調に推移。しかし、緩和強化観測は同時にユーロ売り要因ともなり、ユーロドルは昨年9月以来となる1.31台への攻防へシフト。シカゴIMMで積み上がっているユーロのショートポジションを考えるならば、反発する局面は散見されよう。しかし中長期スパンで考えた場合、ユーロドルはさらに下値を模索する展開となろう。

この点については、米独の金利動向が示唆している。独利回りは過去最低を更新し、米独10年債利回り格差は過去15年で最大となった。また、独2年債利回りに至ってはマイナスになる等、欧州債券市場ではECBによる量的緩和も含めた緩和強化を強く意識する状況となっている。
対照的に米債券市場では、将来の米金融政策の指針を反映しやすい2年債利回りがジャクソンホール後も0.50%前後で底堅く推移し続けている。イエレン連邦準備理事会(FRB)の方針転換に神経を尖らせ始めていることが垣間見える。欧州債の利回りの低下が影響し米10年債利回りが低空飛行を続けている現状を考えるなら、ドル高トレンドが鮮明となるのはまだ先となろう。しかし、今後発表される各種経済指標、特に雇用関連指標とインフレ関連指標でファンダメンタルズ改善傾向が示されれば、10年債利回りにもジワリと上昇圧力が強まろう。また、好調な経済指標が続けば、9月16-17日の連邦公開市場委員会(FOMC)におけるイエレンFRBの方針転換の可能性が意識されることで、徐々にドル高トレンドが鮮明となることが想定される。その過程では、さらに米欧の金融政策のコントラスト(方向性の違い)も意識されよう。よって、年内にユーロドルが節目の1.3000をトライする見通しに変更はない。

Today’s Outlook -焦点は引き続き米経済指標

東京時間の円相場は日経平均にらみの展開となろう。グローバル株式市場が堅調さを維持しているが、日経平均先物の上値は重い。円相場が若干ながら円高傾向に振れていることが影響しているのだろう。8月11日以降の連騰を考えるなら一度調整が入ってもおかしくない。ただ、グローバル株式市場を支えている米国株式が堅調に推移していることから、日経&円相場共に下落幅は限られよう。

海外時間は、引き続き米経済指標に注目したい。昨日発表された7月の新築住宅販売件数は、販売が2ヶ月連続で減少し市場予想を下回った。しかし住宅在庫は4.1%増と、2010年8月以来約4年ぶりの高水準となれば、販売ペースに基づく在庫期間は6ヶ月と、前月の5.6ヵ月から拡大。先行きの改善期待が持てる内容となった。本日の住宅関連指標が市場予想以上となれば、住宅市場の改善期待を背景に米国の株式と金利には上昇圧力が強まろう。そのような展開はドル高圧力を強め、ユーロドルは次のサポートポイントである1.3100を目指し下落圧力が強まろう。一方、ドル円は104円ミドルを視野に入れる展開となろう。尚、株式市場の動向を見極める上で耐久財受注コア(7月)と消費者信頼感指数(8月、コンファレンス・ボード)の内容にも注視しておきたい。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 105.00:レジスタンスポイント 104.50:レジスタンスポイント
サポート 103.86:8月25日安値 103.50:8月22日安値

厚いオファーが観測されている104.50の突破が焦点。このレジスタンスポイントをも上方ブレイクする展開なれば、節目の105円を目指す展開となろう。このレベルには厚いオファーとオプションバリアが観測されている。一方、下値は103円台の維持が焦点となろう。103.50から103.00にかけては断続的にビッドが観測されている。

ユーロドル

レジスタンス 1.3250:レジスタンスポイント 1.3220:8月22日安値
サポート 1.3150:サポートポイント 1.3104:2013年9月6日安値

1.31台へ下落後、ユーロの買戻しが散見されるも勢いはない。よって、本日もダウンサイドへ振れる展開を想定したい。目先のサポートポイントは厚いビッドが観測されている1.3150レベル。下方ブレイクする展開となれば、2013年9月6日安値1.3104レベルを視野に下落幅が拡大しよう。このレベルにも厚いビッドが観測されている。一方、上値は1.32ミドルレベルまでのショートカバーを想定したい。1.3220レベルにはオファーが観測されている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • IG証券の原油先物取引

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • 価格とウエイト

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。

  • レバレッジ入門

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。