個別銘柄レポート:アマゾン・ドット・コム

2018/12期1Q(1-3月)は前年同期比2.2倍の増益、Amazonプライムの年会費値上げへ

bg_amazon_1465667

ナスダック | Eコマース‐一般消費財 | 業績フォロー

BLOOMBERG AMZN:US| REUTERS AMZN.OQ

  • 2018/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比42.9%増の5,100.42億USD、純利益が同2.2倍の16.29億USD。調整後EPSは3.27USDと市場予想の1.83USDを大幅に上回った。
  • AWS事業の成長持続に加え、北米事業の利益率が改善したことなど寄与し、売上高営業利益率は3.8%と前年同期の2.8%から改善。
  • 2018/12期2Q(4-6月)会社計画は、売上高が510-540億USD、営業利益が11-19億USD。Amazonプライムの年会費値上げを発表。

What is the news?

2018/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比42.9%増の5,100.42億USD、純利益が同2.2倍の16.29億USD。調整後EPSは3.27USDと市場予想の1.83USDを大幅に上回った。クラウドサービスや北米のネット通販事業の好調が続いたほか、ドル安も追い風となった。なお、為替変動の効果を除くと39%の増収であった。利益率の高いAWS事業の成長が継続したことに加え、北米事業の利益率の改善など寄与し、売上高営業利益率は3.8%と前年同期の2.8%から改善した。売上高のうち、オンラインストア売上高が同18.0%増の269.39億USD、実店舗売上高が42.63億USD(2017/12期3Qより計上しているため前年同期比増減率は記載しない)、サードパーティセラーサービス収入は同43.9%増の92.65億USD、Amazonプライムなど会員サービス収入は同60.0%増の31.02億USD、AWS(アマゾンウェブサービス)収入は同48.6%増の54.42億USD、その他は同2.4倍の20.31億USDであった。

事業セグメント別の業績は以下の通り。北米事業は売上高が前年同期比46.4%増の307.25億USD、営業利益が同92.8%増の11.49億USD。海外事業は、売上高が34.5%増の148.75億USD、営業利益が▲6.22億USDと前年同期の▲4.81億USDから赤字幅が拡大。クラウドコンピューティングなどウェブサービスを提供するAWS事業は、売上高は同48.6%増の54.42億USD、営業利益が同57.3%増の14.00億USDであった。

 

How do we view this?

2018/12期2Q(4-6月)の会社計画は、売上高が510-540億USD、営業利益が11-19億USD。為替変動によるプラスの効果を12億USD見込んでいる。2018/12通期の市場予想は、売上高が前期比33.3%増の2,370.60億USD、当期利益が同89.3%増の57.40億USDである。同社は、米国内のAmazonプライム会員の年会費を99USDから119USDへ引き上げると発表。年会費の値上げは2014/3以来である。5/11から新会費が適用される予定だ。オルサフスキーCFOによると、同社はAmazonプライム会員向けサービスを大幅に拡充しており、2日以内に配達可能な品数は2014年時点では約2,000万点だったが、現在では1億点を超えた模様。

phillip_fig_Amazon_May09_01

配当予想(USD) 0.00(予想はBloomberg)
終値(USD) 1,600.14 2018/5/7

会社概要
1994年設立。「競合他社ではなく顧客を起点にすること」、「創造への情熱」、「優れた運営へのこだわり」、「長期的な発想」の4つの指針のもと、ECサイト、Webサービスを提供する。一般消費者向けには、ECサイト・実店舗を通じ、書籍、DVD、CD、家電製品、車&バイク、おもちゃ、ヘルス&ビューティー、食品、ペット用品、ファッション、電子書籍、Amazonデバイスなど、数億アイテムを超える幅広い商品を提供する。会員制のAmazonプライムは、数千万アイテムの無制限の無料配送や、動画の無制限ストリーミング視聴などの特典がある。企業向けには、売上拡大を支援するサービスや、グローバルコンピューティング、ストレージ、データベースなどクラウドサービスを提供する。コンテンツ製作者向けには、電子書籍のセルフ出版サービスを提供する。 カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメントby Amazon、AWS(アマゾンウェブサービス)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、同社が先駆けて提供した商品・サービスである。同社事業は、北米事業、海外事業、AWS事業の3つのセグメントで構成される。2017/8/28よりホールフーズ・マーケットが連結対象となった。

企業データ(2018/5/8)
ベータ値 1.05
時価総額(百万USD) 776,431
企業価値=EV(百万USD) 795,955
3ヵ月平均売買代金(百万USD) 8,988.7
 

phillip_fig_Amazon_May09_02
主要株主(2018/5)(%)
1.BEZOS JEFFREY P 16.26
2.VANGUARD GROUP 5.74
3.BLACKROCK 5.06
(出所:Bloombergをもとにフィリップ証券作成)


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員 庵原浩樹
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員補 増渕透吾
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。