米国マンスリー2017年9月号

混迷深まるマーケット環境!

bg_commuters_1297981

当面の相場環境~混迷深まる!

8/25のジャクソンホールの講演でイエレンFRB議長は金融政策について語ることはなかった。9月のFOMCで資産縮小を決定すると見られるが、当初は上限100億ドル/月と小規模で影響は限定的であろう。

来年2月の議長任期満了を控える中、金融正常化を進めてきたが、年内利上げの見方は弱まっている。FRBが重視するインフレ指標や賃金上昇率の今後の動向が鍵を握ることになろう。北朝鮮を巡る地政学的リスク、連邦政府債務上限問題や議会運営などの懸念もあり、相場環境は一層混迷が深まりそうだ。(庵原)

【弱まる年内利上げ見通し~ドル安、金利低下は米株のサポート要因だが!】

phillip_fig_Monthly_Aug31_01


金属市況上昇で関連銘柄に注目

非鉄金属や貴金属の市況が上昇している。特に8月以降、上昇ピッチが強まった。FRBが利上げに慎重姿勢を示してドル安が進展したことや、米国の政治的な不安、地政学的リスクの高まりなどもあって、余剰資金が流入していることもあろう。

銅やニッケル、亜鉛などは、中国の需要拡大期待、ドル安による割安感などが市況を押し上げている面があるようだ。減産などもあって供給不足の見通しである。貴金属も米利上げ観測の後退、ドル安から堅調で金先物価格は1,300ドル/オンス台を回復。関連銘柄の株価も足元堅調で動向に注目したい。(庵原)


【利上げ観測後退、ドル安、中国の需要拡大期待が金属市況を押し上げ】

phillip_fig_Monthly_Aug31_02


スマホ出荷再加速と関連銘柄!

米調査会社によれば、世界のスマホ出荷台数は好調が続き、2016年の14.7億台に対し2021年には17.3億台を予想。鈍化した出荷台数は再び加速する見通し。2017年のスマホの平均販売価格は前年比7%超の上昇を見込んでいる。

アンドロイドが市場シェアをほぼ独占し続ける見通しだが、アップル(AAPL)は出荷台数が2017年に前年比1.5%増と回復へ。また、9月に発売予定の新型iPhoneが寄与し、2018年の出荷台数を同9.1%増と予想。株価動向に注目したい。(庵原)


【世界のスマホ出荷は再び加速へ~アンドロイド独占もiOSの伸びも期待!】

phillip_fig_Monthly_Aug31_03


個人消費は米経済成長のカギ

2017/2Q(4-6月)の米GDP成長率(速報値)は前期比2.6%増と市場予想の同2.7%増を下回ったが、1Qの同1.2%増から大幅に改善した。個人消費支出や企業設備投資は大きく回復し経済の成長に寄与した。

5、6月のISM製造業指数は2ヵ月連続で57.0を超えて約3年ぶりの高水準となり新規受注、生産など企業活動の回復を示した。GDPの7割を占める個人消費では4-6月は前年同期比2.8%増と大きく改善した。また、好調なミシガン大学消費者マインド指数が良好な消費意欲を示しており、9月の新学期商戦も更に個人消費を牽引すると見られる。(袁)


2QのGDPが大幅に改善~好調な個人消費などが経済成長をけん引!】

phillip_fig_Monthly_Aug31_04


ハイテク企業の業績拡大に期待

インフラ投資、法人税減税、金融規制緩和など主要政策の実行が懸念されており、インフラ株や金融株にマイナス材料だった。一方、ハイテクの株価は堅調でSOX指数やナスダックは年初来から大幅に上昇した。

8/25時点でS&P500構成企業の2017/2Qの増益率見通しはハイテクセクターが18.6%と変動の大きいエネルギーを除くベースで増益率が10業種のうちトップである。内訳では、ソフトウェア&サービスは2桁増益となるほか、半導体が前年同期比46.7%と寄与する見通し。9/12に新商品の発売が見込まれるアップル(AAPLや「FANG」銘柄のほか、好業績を発表したテキサス・インスツルメンツ(TXNなどに注目したい。(袁)


【ハイテクセクターは引き続き米企業業績を牽引!】

phillip_fig_Monthly_Aug31_05


AIスピーカーが急成長する見通し

アマゾン(AMZNの「Amazon Echo」、アルファベット(GOOGLの「Google Home」などAIスピーカーが注目されており、需要も拡大している。AIスピーカーは音声を識別し、瞬時に指令に反応できる。音楽再生の際に最も利用されており、ニュース、天気、交通など通知機能のほか、買い物などにも対応できる。

米調査会社Gatnerによれば、2020年のスマートスピーカー市場規模は2015年の5.8倍の21億USDと拡大する見通し。「Amazon Echo」と「Google Home」の市場シェアが高いが、今年発売予定のアップル(AAPL)の「Apple HomePod」のほか、中国勢と韓国勢にも注目したい。(袁)

【世界的に拡大が予想されるハイテク大手3社のAIスピーカー!

phillip_fig_Monthly_Aug31_06


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員庵原浩樹
フィリップ証券リサーチ部アナリスト袁鳴
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。