個別銘柄レポート:アップル

8,000億USDを突破した時価総額は1兆USDが期待される

bg_apple_1383547

ナスダック | 通信機器| 業績レビュー

BLOOMBERG AAPL:US | REUTERS AAPL.O

  • 2017/9期2Q(1-3月)は、売上高が前年同期比4.6%増の528.96億USD、純利益が同4.9%増の110.29億USDとなった。調整後EPSは2.100USDと市場予想の2.022USDを上回った。
  • 「iPhone」の販売台数が引き続き減少したが、大画面モデルの比率が高まり平均単価の上昇も増収に寄与した。
  • 2017/9通期の市場予想は売上高が前期比5.6%増の2,276.69億USD、純利益が同2.9%増の469.98億USDである。

What is the news?

2017/9期2Qは、売上高が前年同期比4.6%増の528.96億USD、純利益が同4.9%増の110.29億USDとなった。調整後EPSは2.100USDと市場予想の2.022USDを上回った。主力のiPhoneの販売台数は同0.8%減となったが、iPhoneの大画面モデルの比率が高まり平均単価の上昇も増収に寄与した。また、アプリ、クラウドサービスなどのサービス事業は同2桁増収で引き続き好調に推移した。地域別では、中国は前年同期比14.1%減収となったが、米州、欧州、アジア太平洋地域(中国と日本を除く)で売上高が2桁の伸びとなった。

製品別で、主力機種「iPhone」の販売台数は前年同期比0.8%減の5,076.3万台と減少したものの、会社計画にほぼ一致となった。特に、iPhone 7 Plusに対する需要が堅調に推移し、平均単価が上昇しており、「iPhone」の売上高が同1.2%増の332.49億USDと全体の62.9%を占めている。「iPad」の販売台数は同13.0%減の892.2万台となったが、売上高が同11.9%減の38.89億USDとなった。「Mac」の販売台数は同4.1%増の419.9万台、売上高が同14.1%増の58.44億USDとなった。「Digital Content and Services」、「Apple Care」、「Apple Pay」などを含むサービスの売上高は同17.5%増の70.41億USDとなった。また、「Apple TV」、「Apple Watch」、「Beats」などを含むその他製品の売上高は同31.2%増の28.73億USDとなった。

5/9、同社の時価総額は米企業として初の8,000億USDを突破。「iPhone」発売から10周年の今年、同社はフルモデルチェンジの商品発売も期待されている。収益拡大が続けば、年内にも時価総額1兆USDに達する可能性もあろう。
 

How do we view this?

2017/9期3Q(4-6月)会社計画の売上高は、435億-455億USDである。また、同社は2019/3通期まで2,100億USDの自社株購入枠を設定すると発表した。通期の市場予想は売上高が前期比5.6%増の2,276.69億USD、純利益が同2.9%増の469.98億USDである。

phillip_fig_Apple_may_01
配当予想(USD) 2.26 (予想はBloomberg)
終値(USD) 156.10 2017/5/12

会社概要
1976年にコンピュータの製造で創業。現在はスマートフォンのiPhone、携帯音楽プレイヤーiPod 、携帯タブレットiPad、パソコンのMac などを主力製品として世界に展開する情報機器関連の大手メーカー。2015年4月にはApple Watchの販売を開始した。パソコンおよび関連製品と移動通信機器、各種関連ソフトウェア、サービス、周辺機器、ネットワーキング・ソリューションのデザイン、製造、販売を手掛けている。

企業データ(2017/5/12)
ベータ値1.20
時価総額(百万USD) 813,880
企業価値=EV(百万USD) 655,561
3ヵ月平均売買代金(百万USD) 3,613

phillip_fig_Apple_may_02
主要株主(2017/5) (%)
1. Vanguard Group 6.59
2. BlackRock 6.15
3. State Street 4.21

(出所:Bloombergをもとにフィリップ証券作成)


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員庵原浩樹
フィリップ証券リサーチ部アナリスト袁鳴
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • よくある間違い

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • 取引方法

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • 株式の基礎知識

    株式なくしては、各国の経済に不可欠な株式市場は成り立たないでしょう。ここでは、株式取引が個人投資家の収入源と大きな資産になる一方、いかに企業の拡大・成長につながるかということを学びます。