米国ウィークリー 2017/8/15号

短期的に上値の重い展開を見込む!

bg_US flags 270814 2
  • 上昇が続いたNYダウであったが、北朝鮮情勢の緊張の高まりから8/10には前日比204ドル安と値幅を伴う下落となり22,000ドル台を割り込んだ。投資家の相場の先行きに対する不透明感の度合いを示すVIX指数(通常は10-20で推移)は、8/9に9.52まで低下していたが、8/11には一時17.28と大幅に上昇した。

    8/11、トランプ米大統領は、「北朝鮮が良識を欠いた行動に出る場合に備え、軍事的解決の準備は万端に整えてあり、照準を定め発射寸前の状態になっている」とツイッターに投稿。ニュージャージー州では記者団に対し、「グアムに対して何らかの」行動に出ることがあれば、「金正恩委員長は心から後悔するだろう。後悔するまでさほど時間はかからない」と述べるなど、緊張をエスカレートさせた。これに先立ち、朝鮮中央通信はトランプ大統領について、「朝鮮半島情勢を核戦争の瀬戸際に追い込んでいる」と非難している。
  • 中国外務省は、敵対的な言動のエスカレートを避けるよう両国に呼びかけた。また、ロシアのラブロフ外相は、「残念ながら、米国と北朝鮮から発信される語調は度を超え始めた」との見方を示した。トランプ大統領の発言を受け、8/13にはポンぺオCIA長官とマクスター大統領補佐官(国家安全保障担当)はそれぞれインタビューで、北朝鮮への強硬姿勢を支持しつつも北朝鮮との核戦争が差し迫っている兆候は認められないとし、懸念緩和に努めている。

    ただ、8/15には北朝鮮と韓国が日本の植民地支配からの解放記念日を迎え、8/21からは米韓合同軍事演習を行うことなどから情勢が更にエスカレートする懸念がある。また、トランプ大統領は、不公正貿易での制裁も視野に、中国に対する通商法301条に基づく調査を開始するよう指示する見通し。ほぼ出揃ったS&P500構成企業の4-6月期EPSは、前年同期比10.69%増と2四半期連続で二桁増益の見通しと好調だが、米中関係の更なる悪化も想定され、株式相場は上値の重い展開となろう。注目された7月の消費者物価指数(CPI)は前月比0.1%上昇、前年同月比では1.7%上昇と何れも市場予想を下回った。10年国債利回りは2.2%台を割り込み、金融株は売り込まれている。好業績銘柄や好配当銘柄を選別し、押し目を丹念に拾う局面にあると見ている。(庵原)
phillip_fig_weekly_Aug14_17_01


S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(8/11現在)

phillip_fig_weekly_Aug14_17_03
phillip_fig_weekly_Aug14_17_02

■主な企業決算の予定
●8月15日(火): ホーム・デポ、コーチ
●16日(水): シスコシステムズ
●17日(木):ウォルマート、ギャップ、アプライド・マテリアルズアリババ
●18日(金):ディア

■主要イベントの予定
●8月15日(火):
8月のNY連銀製造業景況指数
7月の小売売上高
・独2017/4-6期のGDP(速報値)
●16日(水):
7月の住宅着工件数
FOMC議事録(7/25-26
・NAFTA再交渉の第1回会合(ワシントン、8/20まで)
●17日(木):
週間新規失業保険申請件数(8/12終了週)
7月の景気先行指標総合指数
ECB議事要旨
●18日(金):
8月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)
ダラス連銀総裁講演
・中国7月の新築住宅価格
●21日(月):
・7月のシカゴ連銀全米活動指数

(Bloombergをもとにフィリップ証券作成)


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員庵原浩樹
フィリップ証券リサーチ部アナリスト袁鳴
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。