米国ウィークリー 2017/6/27号

原油安、低金利はメリットか?

bg_oil_barrels_1422243
  • FRBによる金融正常化の内容と緩やかな金融引き締めペースが確認されたことで、売り込まれていたハイテク株に買い戻しの動きが強まった。6/23現在、過去5営業日で、NYダウはメルク(MRKファイザー(PFEなど医薬品のほかアップル(AAPLなどが買われ僅かながら上昇となり、S&P500の24業種分類による上昇率上位5業種は、医薬品・バイオ4.64%、ソフトウエア・サービス2.53%、テクノロジー・ハード・機器2.46%、ヘルスケア機器・サービス2.16%、半導体・同製造装置1.02%となった。

    ナスダックは1.84%高、業種別にはヘルスケア7.76%高、コンピューター2.37%高などとなった。同期間のフィラデルフィア半導体指数(SOX)は1.99%上昇と大幅高となり、個別の上位上昇率はアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMDが23.86%、マイクロン・テクノロジー(MU6.26%などとなった。
  • 再び上昇基調にあるナスダックやSOXは、このトレンドは維持する可能性があると見る。FOMC後の米国10年国債利回りは、それ以前の2.2%台から2.1%台に低下しその後は安定推移となっている。ハイテク企業の大型設備投資額や医薬品・バイオ企業の研究開発費など多額の資金ニーズがあるこれら企業にとって良好な収益環境が続くことになる。引き続き両セクターが株式市場のドライバーになると予想する。

    NYダウ、S&P500は先週週初に上昇したが、週半ば以降は上昇分を取り崩す展開となった。原油価格が一段と軟調な展開となり、エネルギーセクターが市場の重石となった。電気通信サービスのほか、金利低下で収益環境の悪化が懸念された保険、銀行などが売られた。FRBによる大手銀行のストレステスト(健全性審査)で、34行全てが経済的なショックに耐える能力があることが示されたが、金融セクターは引き続き上値の重い展開となりそうだ。このほか、懸念材料としては、公表されたオバマケア代替法案が上院を通過できるかどうか、原油価格下落でオイルマネーが資本市場から引き揚げる動きがあるか、動向に留意したい。ただ、原油安や低金利はメリットと捉える局面にもあるため、相場は全般に引き続き堅調な展開が続くと予想する。(庵原)
phillip_fig_weekly_June27_01


S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(6/23現在)

phillip_fig_weekly_June27_02
phillip_fig_weekly_June27_03

■主な企業決算 の予定
●6月28日(水) :モンサントゼネラルミルズ
●6月29日(木) :ナイキマイクロン・テクノロジー

■主要イベントの予定
●27日(火) :
4月のSP・コアロジック/ケース・シラー住宅価格指数
・6月の消費者信頼感指数
イエレンFRB議長の発言
夏季ダボス会議(中国大連、6/29まで)
●28日(水) :
・5月の卸売在庫
5月の中古住宅販売成約指数
・MBA住宅ローン申請指数
FRB包括的資本分析(CCAR)の結果を公表
●29日(木) :
1-3月のGDP(確定値)
・新規失業保険申請件数(6/24終了週)
韓首脳会談(ワシントン、6/30まで)
●30日(金) :
5月の個人支出・所得
6月のミシガン大学消費者マインド指数(確定値)
・6月のシカゴ購買部協会景気指数
中国6月の製造業PMI
・ユーロ圏消費者物価指数

(Bloombergをもとにフィリップ証券作成)


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員庵原浩樹
フィリップ証券リサーチ部アナリスト袁鳴
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。