40年以上の歴史
世界約185,000名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

米国ウィークリー 2017/1/11号

トランプ声明確認後にNYダウ2万ドル到達も?

bg_dow jones
  • ツイッターを通じたトランプ次期大統領のつぶやきに、企業経営者は戦々恐々としているに違いない。フォード(Fはメキシコ工場の建設を撤回し、メキシコでの工場新設計画を批判されたトヨタ(7203は米国で今後5年間に100億ドルの投資を行うことを表明した。自動車大手が相次いで標的とされている。

    一国のトップとなる権力者が、企業の戦略を力づくで変更させることには違和感を覚えざるを得ない。しかし、このような企業への「圧力」は、米国民の支持を得る限りにおいては、企業の国籍を問わず続く可能性があろう。米国の雇用を増やし、高い経済成長を実現する「強いアメリカの復活」のためであれば、トランプ次期大統領はあらゆることを実施する姿勢を示すものと思われる。ただ、あたかも独裁者のような振る舞いが出来るのは、大統領就任となる1/20までとなる可能性もあろう。上下両院ともに共和党が過半数を占めているとは言え、議会の声にも耳を貸さなければならない状況も出てくると考えられるためである。
  • 20世紀後半以降、世界の多くの国々で民主的な政策と同時に資本主義が取り入れられ、経済的な繁栄が築かれてきた。ボーダレス化が進み、共存共栄もしくはWin-Winの考えのもとに世界は発展してきた側面がある。一方、欧米などではボーダレス化が国民の雇用や富を奪ったと訴え支持を得る政治家が台頭している。フランス、ドイツなど欧州各国で今後実施される選挙では、トランプ政権発足とその後の動向が影響を与える可能性もあろう。1/8、英国のメイ首相はインタビューで移民制限などをEU離脱の優先事項にするとコメント。英国は3月末の期限に向けて強硬姿勢で離脱に臨む可能性が強まっている。

    保護主義の台頭は不要な軋轢を生じさせる可能性もある。しかし、「強いアメリカの復活」となれば、低迷が続いた世界経済を回復させる原動力にもなり得る。トランプ次期大統領は、インフラ投資や法人税減税など公約で掲げた経済政策を100日間で断行する「100日計画」を就任後に実行に移していく見通しである。同時に、TPP脱退やNAFTAの再交渉なども進められることが予想される。株式市場では、トランプ次期大統領の「強いアメリカの復活」や成長率加速のコメントを確認し、再びNYダウ2万ドルを試す展開になると見ている。(庵原)
phillip_fig_weekly_Jan11th_01


S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率1/6現在)

phillip_fig_weekly_Jan11th_03
phillip_fig_weekly_Jan11th_02

■主な企業決算の予定
●1月13日(金) : バンク・オブ・アメリカJPモルガン、ウェルズ・ファーゴ、ユナイテッドヘルス・グループ

■主要イベントの予定
●1月11日(水):
11月卸売在庫
米トランプ次期大統領が記者会見(ニューヨーク)
・MBA住宅ローン申請指数1/6終了週)
・ブラジル ブラジル中銀、政策金利発表
●12日(木):
・12月の輸入物価指数
・エバンズ米シカゴ地区連銀総裁 パネル討論会参加
規失業保険申請件数(1/7終了週)
●13日(金):
イエレンFRB議長の講演
・12月の生産者物価指数
12月の貿易収支
12月の財政収支
12月の小売売上高
中国12月の貿易収支
●14日(土):
・11月の企業在庫
1月のミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

(Bloombergをもとにフィリップ証券作成)


【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員庵原浩樹
フィリップ証券リサーチ部アナリスト袁鳴
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提 供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の 見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身 の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項> 本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引の前に

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • 「売り」取引の方法

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • 取引プランを使う理由

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。